日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

2011年 02月 03日 ( 1 )

櫻井琢巳全集

とっても手に入れたい詩集がある。
『櫻井琢巳全集』
最近,全集としてまとまったものだそうだ。
でも,全集はもちろん,そのなかの1冊さえ高くて
なかなか手を出せない。
本屋にも置いていないから,見て確かめられない。
でもほしいなぁ・・・

「さよなら いたみの街よ」という詩集の一部が
「読書人」という新聞に載っていた。

  出発しよう 明けきらぬ夜の中を
  新しい肉とひびきの中へ
  さよなら いたみの街よ
  港よ 空よ わたしを噛んだ金色の酒よ

櫻井さんは,サナトリウムで10年間死の境を
さまよったという。

なぜ惹かれるのか,自分自身でもよくわからないところも
あるけれど,でも不思議と誘われるのだ。

先日は偶然行った本屋さんの自由価格本のなかに
秋山清『わが解説』という本があり,購入してきた。

偶然出会い惹かれ,というのが人生の中にたくさんあること。
人生を,生きるのを,励ましてくれる。

明日は立春。
[PR]
by KATEK | 2011-02-03 18:40