日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2008年 07月 03日 ( 1 )

ちょっとお疲れ気味。

医者にこういわれた。
「あなたの場合は,すっきり元気な状態でいるよりも,なんだか
いまひとつ調子が出ないくらいでいるのが,ちょうどいいんでしょうね。」

おかげさまで,毎日うすーい灰色の感覚。
晴れ晴れしちゃうと,元気を出しすぎてブレーキがきかなくなるから,
仕方がないといえばそうなんだけれど,あんまりいい気分じゃない。

少なくとも頭が痛くならないとか,胃に不快感がないとか,そういう
条件をクリアーしていればいいのだけれど・・・
ブツブツブツ・・・

髪の毛だけ軽くしてきた。
パーマをかけて。

美容室では目の前に雑誌を用意してくれるんだけれど,今回は
30歳代むけの雑誌を何冊か用意してくれていた。

相方に言わせると,さばよんで実際年齢より若い人向けの雑誌を
おくようにしているんだと。
でも,年齢不詳とよくいわれるわたしだから,きっと30代に見えたんだと,
勝手に納得している。

でも,雑誌は重いばかりでおもしろくもなく,結局「クロワッサン」を
ずっと見ていた。
キッチンの使い勝手の特集。
見るのは楽しいけれど,我が家の現実からは遠く,フーンと思うだけ。

でも,こういう雑誌に出てくる人のやっているお店なんか,
何日かまえに通りがかったら,すごい人だかり。
バーゲンだからといって,なにもそんなにモデルに合わせなくても
いいのになぁと思いつつ通り過ぎた。

あぁ,なんだか灰色な文章だ。
今日はおしまい。

あっ,そうそう。
近頃ビデオ屋さんに行かなかったから,全然気づかなかったけれど,
『夕凪の街 桜の国』の映画がDVDになっていた。
ヒロシマの原爆スラムの話のマンガが映画になったもの。
とってもいいので,まだごらんになっていない方は,ぜひどうぞ。
[PR]
by KATEK | 2008-07-03 21:25