日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2005年 09月 02日 ( 2 )

失敗は蜜の味?

暑かった。
百日紅の花が満開。でもそろそろおしまいかしらん。
ツクツクホウシとセミもなく。
(生徒に鳴いてるねと話しかけたら,ほんとにツクツクホウシっていってると
驚いていた。知らないなんてこっちが驚くよ。)

今日は約2ヶ月ぶりに授業をした。
生徒のニコニコしてくれる様子はほんとにうれしい。

今日の話は,戦後60年ということと,例のセールストークにはまって
落ち込んだというもの。
「実はね。つい最近家でけんかしちゃったんだ。」といっただけで
ふっとこちらを向く顔が増える。
「わたしってばかだからね。保険のセールスマンに個人情報ながしちゃったの。」
「個人情報ってね・・・」「実はね,これが初めてじゃないの。」
「わたしってすぐ人の話を信じちゃうから・・・」
「この新聞のコピーにあるような迷惑メールもね・・・」
と話を続けると,うん,うんとうなずいてくれる。
やっぱり,自分の経験と失敗を素直に話すっていいなぁ。
落ち込みや失敗は,次へのステップだ。
よーっし。またがんばるぞ。

全然別の話。
今アメリカのハリケーンで,老人や女性・子どもが特に逃げられなくて
被害が大きいと伝えられている。
今日の東京新聞では,日本の貧しさ度世界第4位という記事が載っていた。
その国の平均所得以下の所得で暮らしている人の割合を
比べると,メキシコに続き第4位なのだそうだ。
つまり,急速に所得格差が広まっているということ。
こんな日本が,アメリカの社会をまねて弱肉強食をさらにすすめようとしている。
グローバル化という名のもとで新自由主義の社会に突き進んでいく。
アメリカの識字率の低さ,治安の悪さ,
こんなお手本があるのに,なぜアメリカに追随しようとするのか。

無気力化されてしまった私たち自身が,力を取り戻さなければ。
[PR]
by KATEK | 2005-09-02 19:24

政党助成金削減を!

夕べの相方との話。

公務員の経費削減が今いろいろなところで叫ばれている。
何でも民営化がいいという発想。
それならいっそ,「わが党は,党への助成金はいりません。」くらい
いったらどうだって話になった。
政党が国からの助成金を受けているなら,どんな研究や調査に
お金をつかっているのかをきちんと内訳を明示すべき。
そしてどんな企業や団体からお金が流れてきているのかも,こまかく
発表しなくては。
そのくらいのことをまず自分たちの手でやってから,マニフェストをつくるくらいの
ことはしてほしい。そうすれば一票投じてもいい,と・・・

そして某大新聞のこと。
太平洋戦争でお先棒を担いだのは有名な話だが,先日の虚偽報道といい
このていたらくはなんだ。
もうこの新聞社の体質に先はないという話をした。
相方が,仕事でその新聞社をたずねたときの社員の横柄な態度は,
他社の社員にくらべひどいものだったという。
エリート意識まる出し。
新聞記者・新聞社の使命とは何か,そんなことがすっとんでいる。

政党も,新聞社もまず自分の足元から自浄すべし,
というのが結論。
まぁこんなこと家の中で話し合ったって,政治的力にはならないけれど
これが我が家の家庭内民主主義のいったんでした。
[PR]
by KATEK | 2005-09-02 05:56