日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ナマケモノのうた

歩き始めてほんのわずかなのに,なんと今日一日頭痛がしなかった。
わおー。
相方も一緒のちょいなが散歩は,ひさしぶりのこと。
途中でおいしいうどんやさんに入ってなおさら満足。

歩く間に,モクレンの花がひらいているのをみつけた。
沈丁花の香り漂う中,モクレンやカイドウの花を見ると,なんだか季節感覚が
ぼんやりしてしまう。
きれいだなぁとは思いつつも,この急激な変化にはとまどってしまうのだ。

先日書いた『「長生き」が地球を滅ぼす』のなかでは
動物として身の丈にあった時間やエネルギーの使い方を,ヒトもしたほうが
いいと提案している。
本の途中でわたしの好きなナマケモノについて,楽譜つきの歌が載っていた。
思わずうれしくなったので,ご紹介。

      ナマケモノのうた   本川達雄

1. ぼくの名前は ナマケモノ
   じっとさかさに ぶらさがり
   あんまり動かぬ ものだから
   体にコケが はえてきて
   森の緑の 色になる

2. ぼくの名前は ナマケモノ
   十八時間 ねむるんだ
   おなかがすいたら 手をのばし
   まわりの葉っぱを ちょっとつまむ
   平和の森の 動物さ

3. なまけてなんかは いないんだよ
   ぼくらの時間は ちがうのさ
   おんなじくらいの 大きさの
   動物たちと 比べれば
   ゆっくりのんびり ナマケモノ

4. 心臓ゆっくり 肺ゆっくり
   酸素もゆっくり 使うんだ
   神経伝わる 情報も
   時間がかかって 運ばれる
   だけどぼくらは 長生きさ

5. 心臓ゆっくり 肺ゆっくり
   じっと動かず そのままに
   そっと自然に とけこめば
   こわいジャガーやオセロット
   なにも気づかず ゆきすぎる

6. おなかもそんなに すかないし
   食べるものだって そばにある
   いつも緑の ジャングルさ
   あくせくしなくて 生きられる
   ぼくの名前は ナマケモノ

ナマケモノが生きていける自然が残るように,人間もスローダウンしたほうが
いい。
働き方も,政治の動きもみんな。
経済の動きにつられていかないように。
[PR]
by KATEK | 2007-03-03 20:38