日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

白玉クリームあんみつが最高!

クリームあんみつ・豆かん・白玉ぜんざい・水羊羹・・・
たべたーい。

この天気のせいか,何事もする気がおきず,とうとう夕方の6時まで,うだうだと
寝てしまった。

あさ,よこになったまま押入れを見て,かたづけなきゃと思ったはいいけれど,
「あと30分したら」と心の中で誓いつつ,何時間過ごしたことか。
また病気が出たと,いつの間にか悲観的になってくるし・・・

こんなときは,なぜだか甘いものが無性に欲しくなってくる。
風鈴の音,涼しい風,すだれから見える外の景色,開け放した戸・障子,うちわ
そんなものがあって,そこで昼下がりに食べる白玉ぜんざい・・・なんて
思っただけで幸せになるような。
そんな風にして,甘いものを食べたら,ちょっとは元気になれそうなのにねぇ。

入院中,友人に甘えて「豆かん」を買ってきてもらった。
彼女は豆かんを食べたことがなかったらしい。
いろんなお店を探して,やっとみつけてきてくれた。

あのちょっと塩味がする大きなたっぷりの豆に,おいしい黒蜜,かんてんをさっと混ぜ
いただく。
この瞬間の幸せって,かなりのものじゃないかしらん。

東京 上野にある「みつばち」という小さなお店で初めて食べた豆かん。
あの「みつばち」はまだ同じ店舗で商売しているのだろうか。
最中の皮にはさんだたっぷりの小倉アイスが有名なお店。
「みつばち」であんみつなどを食べるときは,くろみつかしろみつかを選べるのもうれしい。
おいしいおそばのお店も昔はあって,そこでおそばをいただいてから
次に,クリームあんみつでしめる。
そんなこと,またしたいのだけれど・・・

おいしいものを食べて幸せになれるわたしって,幸せもの。
今日の東京新聞には,「孤独死」のことが一面に載っていた。
かなりの日数を置いて見つけられるのは,老人ではなく中年ということ。
そんな死に方をせざるをえないって,なぜ?
3万人を越える自殺者のうち,最近は10代・20代の若者が増えているともいう。
親を殺して心中する若者,
親に怒られ何もかもなくしたいという思いから,親と兄弟を放火という手段で
殺してしまう高校生,
なぜ待てないのか,なぜ周りの人が関われなかったのか?
簡単なことで,幸せを感じられなくなってきているってこともあるのかも。

今日一日,動けるようになるまではつらかったけれど,わたしは待てるようになった。
一日だけでも,待つのはつらい。
時間は無限に引き延ばされる。
でも,それでも待つこと。
そこが結構かんじんなことなのだ,と思う。
[PR]
by KATEK | 2006-06-26 20:10