日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK

ミモザの和名は何ですか?

そういえば,春は黄色が目だつ季節だ。

昨日はミモザの木,今朝はヒイラギの黄色い花を見つけた。
最初は,エニシダの黄色かと思ったら,ミモザの黄色いぽんぽんの
ような花だった。

ミモザ。
なんかおしゃれな響き。
和名ではなんというのだろう。

今日も風が強い。
「疾風怒濤」の季節。
青年期を表す言葉と重なる。
この歳になると(まだまだ若いけど?),強い風はちょっとごめんだ。
外にでたくなくなる。
気圧が大きく変化しているから風も強くなるのだとすれば・・・
変化に耐えられなくなってきたということかもしれない。

昨日読んだ,熊沢誠さんの本。
私に若い頃の夢を思い出させてくれた。

そう。
わたしは,教員になるか,労働基準監督署に勤めるか
迷っていたんだっけ。
働くことを考え,なるべく働くことに意味を与えたい
そのための仕事をしたいと。

だから,職業教育の分野に展望を見出せるかも,
なんて考えたら,ちょっと私自身の仕事に希望がでてきたような。
労働組合の意味も,またあきらめずにおいかけていこう。
もちろん今までの,既得権争いではなく,協同して働くことに
喜びを保障するするための労組を。

今日は,『若者が働くとき』をノートに整理しよう。
by KATEK | 2006-03-24 08:11