日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

桜の花の下で

桜を見てきた。
それも何種類も。
ヒカンザクラ,エドカンザクラ,カワヅザクラ・・・

わたしは,ヒカンザクラというものを初めて見て驚き!
いままで,遠くから見て「紅梅」だと勝手に決めつけてきた
ものがたくさんあったに違いない。
まさに紅色の桜。

緋寒桜と,漢字では書く。
でもヒカンザクラは,お彼岸に咲く花だから「彼岸」と間違えられる
ことも多く,それゆえ,わざわざ「カンヒザクラ」とよびかえたりも
するそうだ。

そしてカワズザクラ。
最初は濃いピンクの色から始まり,だんだん白さが増すっていう
桜。
本当はいつもはもっと早い時期に咲くものらしいけれど,
泊まった宿のこの桜はちょうど満開。
こじんまりした古い宿だったけれど,メジロが桜の蜜をすいにきたり
何だか,ゆっくりこの桜を楽しめたので,ラッキー。

そしてこの旅で,相方が桜に詳しいことをまた発見。
宿の送迎をしてくれた若主人が,桜の研究をしている人だったので
思わず,二人の話に「へぇ~」と思ってしまった。

もしかしたら,ソメイヨシノという桜の発生が,この地ではないかと
研究が始まっており,まさにその原木かもしれないという
樹齢200年以上の桜をみせてもらった。
(その桜は谷間にあり近くまではとてもいけない。
だから谷の上から遠くを望むという形でみせてもらった。
この桜の存在に気づいたのも最近のことらしい。
桜を研究している学者が,いまDNA鑑定などをしているそうだ。)

食べ物も満喫。

ティーパフェにはじまり,イチゴパフェにおわった。
このティーパフェ,たっぷりのアイスに,炭酸の紅茶がマッチしていて
それほど甘すぎもせず,とってもおいしかった。
お行儀が悪いと思いつつ,ストローの音をさせて最後まで飲みきった。

イチゴパフェも,イチゴのデザートばかりが何種類もあるお店で
いただく。
相方はクラッシュイチゴを注文。
甘さ控えめで,大き目のイチゴがたっぷり。
何杯でもおかわりできそうなさわやかな味。
でももちろん,ひとつでとどめ,あとはよい思い出になるのを待とう。

そしてこの我が家の近くで,桜の花が,ふたたび満開になるのを
これから待つ楽しみ。
[PR]
by KATEK | 2006-03-21 18:11