日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK

主流派経済とは?

今日は久しぶりによく寝た。
いい気持ち。
啓蟄をすぎると,昼寝も気持ちよさがましてくる。

昨日道を歩いていて,椿のつぼみをみたら,
思っていたより美しいのではっとした。
幾重にもかさなる花びらが,まるく膨らんでいる。
つぼみがたくさん連なる様子は,あまり気にしたことがなかった。
世の中きれいなものはまだまだたくさんあるのだろう。


今日読み始めたのは,
神野直彦『人間回復の経済学』 岩波新書
とても読みやすい本。
やはりこれも,現在の主流派経済学の批判の書。

スティグリッツのような良心的かつ現実的な主流派経済学も
きちんと学んだ上で,その限界がどこにあるのか考えるのは,
世の中に満ち溢れている経済学者の嘘をまずよめるように
なってからか・・・

なぜ竹中のような学者は市場万能主義を叫ぶのか,
彼にとってのうまみはどこにあるのか,いまひとつわからない。
ハイパーインフレにもっていきたいとか,保険制度を早く変えたいとか
そこらへんの,マスコミがはっきり語らない部分をおさえることは
重要だ。

憲法のこと,失業や社会保障制度の改悪は,最も大事な問題なのに
このままのマスコミや国会の取り上げ方では,
何の抵抗もなく進んでしまいそうな予感。
このどっと来る変化の前に手を打つ方法をさぐらなくては。

ところで,神野さんの本は
「構造改革」の痛みを共同経済である財政で分かち合わなければ
ならないというのが基本姿勢。
今の市場の論理は「いじめの論理」だと語っている。
スウェーデンの社会が,神野さんのひとつのモデルらしい。

このあと新評論からでている『スウェーデン人』を読みたい。

ブログを読みあっている仲間通しで,同じテキストを読んで
話し合ったりできたらいいなぁなどと最近思ったりする。
そういう仕組みもできているそうだけれど・・・
(パソコンやブログのしくみおんちなのでわからないことだらけ)

明日・あさってはお休みします。
[PR]
by KATEK | 2006-03-18 21:26