日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ほら また

いわゆる年度末というのは,なんだかせわしないものだ。
あっという間に3月は終わってしまった。

先日相方と彼の父母とのねぎらいに,温泉にいってきた。
伊豆の下田。
暖かいだろうと思って1ヶ月前くらいに予約したのだが,
とっても寒くって,道歩きを楽しみにはあいにくの条件だった。
これも,少しばかり疲れの原因かな?

でも,だいじょうぶ。だいじょうぶ。
なんとかなるさ。

明日からの新年度は,わたしにとってはひとつのかけのようなもの。
「弱くて,のろまで,失敗が多いし休みも多い」
という一種の個性がこの社会の「すべり台」をころげおちる要素。
弱くても失敗が多くても,それでもやていけるってこと,
実証しなくちゃ。

まぁ,とっても恵まれた労働条件に守られていながら,こんなこと
いえる立場ではないけれど,感情労働という労働の性格上
たいへんな面もあるから。

また東京新聞。けさのことばから。

  土筆も かたくりも
  山百合も
  ほら また 去年の場所で
  芽を出している

        「春の庭」 高野喜久雄

同じコラムにこんなことばも紹介されている。

  忘れられても忘れず
  間違われても間違わず

いいなぁ。
[PR]
by KATEK | 2010-03-31 18:08