日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

またくるよ。

6月よ。
さようなら。
7月。
よろしく。

そしてみなさんも
よい7月を。
[PR]
by KATEK | 2010-06-30 23:53
今月は2回のエントリーになってしまったか・・・
われながらすごい記録だ。
書かずにいられる。
書かなくてもいいやと思える。
やっとこんなふつうのことが,できるようになった。

小学校に通っていた頃,
「○○ちゃんはね,○時○分のバスに乗れないと
学校に来られないんだよ。」とうわさされていたくらい,
決まった時間に,決まったやり方で,決まったことをやる,
という少し強迫的な感じの生活をしていた。
そんなこと,今思い出した。

だんだん自分で自分のルールを壊せるようになってきた。
えらいえらい!

あぁそれにしても今かかえている問題。
薬とわたしの性格もあってか,まだ教えているクラスの
生徒の名前が覚えられない。
これは致命的。
ほめるにも叱るにも名前を言わないと効果半減だから。

あと物忘れとかちょっとしたミスが多くって・・・

薬半分にならないかなぁ。

膝をいためて大げさなサポーターだの,固定する板だの
つけていっているから,生徒はぼけより,足を心配してくれる。
でも,ボケやチョイミスのほうが深刻なのよ・・・

でも気にしてくれてありがとう,なのだ。
明日は晴れそうだから,うれしいな。
[PR]
by KATEK | 2010-06-23 21:04
どくだみの花がきれい!
最初は,あぁ葉っぱが出る季節になったんだな,と
うれしくなり,
見ているうちにあっという間に花盛り。

ハナミズキもエゴノキの花もパッと瞬間見たら,
もう終わっていた。

今年のわたしの時間の過ぎ方は,いままでと
ずいぶん違うってこと。

ある先生の紹介で
『いのちの選択 今,考えたい,脳死・臓器移植』(岩波ブックレット)
を知り,もっとこの問題に真剣にならないと,と思った。

「長期脳死」という存在をはじめて知ったのも,この本を読んで。
脳死判定されてから2年近く「生きていた子」のこと。
虐待を受けての死亡の場合,死亡鑑定をやらない臓器提供だと
虐待の事実が消されうること。
ほかにもいろいろある。

去年新しい法律はできてしまったけれど,でも
それでも自分で考えておくことは大事だ。

さて疲れてきたのでおしまい。
[PR]
by KATEK | 2010-06-06 16:55