日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー

<   2009年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

最近出た「芸術新潮」の特集,
「トミ・ウンゲラーの世界」(だったかな?)
これを見てよかった。

もしかしたら,
このトミ・ウンゲラーのことを知らずにいたら,
ずいぶん損をしていたかもしれない。
なんて思えるほど,興味深い人でありいろいろな
作品を生み出した人。

先日書いた「ぼちぼちいこか」とは,まったく違う
絵本の世界が広がっていた。
(トミ・ウンゲラーは絵本だけではなく,ポスター・イラスト
その他いろんなことをやっている人だし,絵本も同じ人が
書いたとは思えないほど,バリエーションがありそうだ)

さっそく借りてきたのが,
『キスなんてだいきらい』(文化出版局)

ネコが主人公。
またこのネコがひねくれていて,「悪い」ことが好きで,
とっても魅力的なのだ。
わたしもこうしてみたい!とうなりそう。
こういうチョイ悪って,どうしてこんなに人を虜にするんだろ。
「うふふ」じゃなくて「ウヒャヒャ」という笑いがでてくる。

まだ邦訳が出ていない絵本もとっても読みたいのがある。
それはドイツ語のものだから,もう辞書もどっかに行っちゃったし,
文法なんか全然頭に残っていないし,残念。

図書館で見たら英語版のはいくつかおいてあった。
英語版の他のものを見たら,これも辞書なしでは無理。
でも,英訳のものでもあったら読みたいなと思うくらいの絵本。

マッチ売りの少女のパロディものとか,ほんといろいろ。

2・3日絵本のコーナーにいって片っ端から読みたいなんて
思って見たり。
チェコとかあまり日本に紹介されていない絵本も魅力的。

やりたいことばっかりでてきて,でもいうだけでなかなかやらない。
まぁ,ぼちぼちいこか・・・
[PR]
by KATEK | 2009-07-28 21:53

出会ったとたん・・・

雨がザーッと降って,しばらくしたらきれいな夕方に
なっていた。
木や草が十分水を吸って,それぞれの緑色を鮮明にさせ,
夕方の光るような淡い日差しにりんと立っていた。
神々しいような空の色と緑の草木たち。
こういう瞬間は,そう多いことではない。

昨日は久々に野口体操に行ってきた。
約半年ぶり。

レッスンのために借りている部屋に向かう途中,
野口体操の先生といっしょになった。

顔をあわせたとたん,
「あなた,どうしちゃったの!腰もからだ全体もひどいよ。」
思ったとおりだ。

2時間きっちりからだほぐしをして,やっと腰がすわって,
膝の裏がちょっとのびた。

「今日来てよかったわね。これ以上になっていたら,
たいへんだったわよ。
この夏があなたの今後を決めるわね。
まず体重を落として,なんとしても落として,
腰・膝・足への負担を減らさなくちゃ。
食べないことが一番!!」

と何度も念を押されて,少しはあせっている。
がまんしない,がブームだけれど,がまんが必要なときも
あると確かに思うし。

野口体操を創めた野口先生は,歳をとってから
なおさら野口体操はおもしろいし,深まっていくと話して
いらしたようだ。

まだわたしはひよっこだけれど,ここのところ
ずーっと続けてきた今年79歳の女性が経済的理由で
こなくなったり,80を過ぎたメンバーはからだの調子を
崩してから弱気になって,最近やめられたとか。

体操のおもしろさだけでは続かない要因があることも
また事実。

教わっている先生も,出会ったのは40代だったのに
もう60を越えている。
時間とか,歳とか,経済状態とかいろんなことを考えざるを得ない
そんな年齢になってきているんだってこと。
わたしも同じだ。
だからこそ,先生のいうように,
「今年が正念場」なのかも。
ね。
[PR]
by KATEK | 2009-07-27 21:43
絵本「ぼちぼちいこか」最高!
図書館で借りてきたのだけれど,これは
自分のものにしたいと思う。

かば(動物のかば)が主人公。
このかばくん,いろんな仕事につこうと
試してみるけれどみんなうまくいかない。
でもめげないんだな。
最後はハンモックにのっかって,
「ま,ぼちぼいこか」と果報は寝て待て体勢へ。
思わずことばと絵に一人笑い。

わたしはこれをバイブルにしたい,なんて・・・

わたしはこの歳になって,絵本を楽しむようになった。
もしかして,これって不幸中の幸いかも。

子供の頃家に絵本はなかった。
だから大人になるまで絵本を読んだ記憶がない。

母が忙しかったから,本を買う余裕も読んでくれる
余裕もなかったんだな。
与えられたのは,一人でできる塗り絵と図鑑,
習字のお手本。
字が読めないうちはただただ一人でながめていた。

パートナーに恵まれてからも,自分の子供に
絵本の読み聞かせをするチャンスもなく
時間が過ぎていった。

そしていま,絵本が楽しい。
しんみりしたり,笑っちゃったり。

なぜ絵本に出会うようになったのか,それは
ここ数年の間に何かのきっかけがあったから
なのだが,それがなんだったのかはもう忘れた。

清水真砂子さんの本からかな?
相方から絵本の読み聞かせをしている人
(名前が出てこない・・・)
の話を聞いたからかな?

まぁ,ラッキーだったことに間違いはない。
これからも絵本を楽しみたいと思っている。
[PR]
by KATEK | 2009-07-24 17:55

朝からつけたし。

昨夜書いたことで,付け加えておきたいことがあったので,
とりあえず急いで書き足し。

なんの本で読んだのか忘れたけれど,野宿者の支援
(食料の配給)をしている人について,こんなことが
書いてあった気がする。

その本を書いた人は,ボランティアとしていっしょうけんめい
とりくもうとし,野宿者たちの臭いや行動にたいして,
イヤだと思うことがあっても,いやな顔をせずにしようとしていた。

でも,本当にずっと配給のボランティアを続けている人たちは,
ぶっきらぼうでさえあり,ただ淡々と仕事を続けニコニコなんか
していなかった。
汚いもの・臭いものに対しては,もう少しなんとかならないのか,
と普通に声をかけていた・・・

そんな内容だ。

いやな顔をしながらも,正対するってこと。
難しい。
自分を殺さず,相手も見捨てず。

そんな方向の道にたどりつけたらいい。
[PR]
by KATEK | 2009-07-23 06:43

本日も雨。

今日は疲れすぎて,頭痛がしていたのに,消えてしまった。
部活に付き合って,電動ろくろの前でなるほど,とやりたい
気持ちを抑えて下働き。
そんなこともあってつかれたみたいだけれど。
まぁともかく,感じなくなるのは要注意なので,短めに・・・

欲望についてはまたの機会に。

今日の一番きにかかったことは・・・臭い。

最近,暑くなってきたせいか,電車の中や人ごみで
臭いがやけに気にかかる。
気のせいか,今年は(こういういいかたはどうかと思うの
だけれども)お風呂に長いこと入っていないような臭いが
あたりに漂っていることが多いのだ。

反射的に顔をそらしたくなる感じ。
でも,ここが問題で・・・

からだと気持ちはその人を拒否しているのだけれど,
その人にもその人の生活があって,その上親しげに話しかけ
られたりするとどういう顔をしていいのか・・・
複雑な気分が顔に表れてしまいそうで,それが難しくって。

臭いを消してきた日本の社会に慣れきってしまってるわたし。
臭いがすることが当たり前なのに,
そんなことはわかっているのに・・・

臭いやいろいろな(ちょっとした)汚さで,人が遠ざかっていくことを
自覚していない,ある種正直な人への対応に困ってしまう,

そんなことを考えたりしていたわけです。
それでは尻切れトンボですが,おしまい。
[PR]
by KATEK | 2009-07-22 22:23

久々の夕飯作り!!

久しぶりに料理をしました!
(朝,お弁当にサンドイッチを作るのは,日課になっている。
われながらがんばっていて,立派。)

豚肉といろんな夏野菜の炒め物(煮物?)
おいしい肉と野菜を蒸し焼きにして,トマトピューレとソースで
味付けるだけ。
ミソ,といえるのはいためるときにシェリー酒で香りをつけるのと,
ソースを三ツ矢ソースにしてみたこと。

我が家は相方の好みで,お酒とソースは各種そろえている。
リーペインソースとか,三ツ矢ソース,焼きそば用ソース,等など。
今日なんかは,急いで作ったものだから,香辛料を入れなかった
のだけれど,それでもなんとかいけてるのは,ソースのおかげ。
便利ですよー。

話かわって・・・

105円で買った文庫本。
柳澤圭子さんの『認められぬ病』(中公文庫)が,とっても
おもしろい。

おもしろいなんていっちゃ不謹慎だけれど,いろんなことを
考えるきっかけになるのは確か。

女性科学者の多くがなんと生き生きと仕事をしているか,
そんなこともふと思うし。
(猿橋さんをはじめ)

病気と仕事をどう考えるかとか。
病気の見方とか。

まだ読み始めたばっかりだけれど,サッと読んでしまうのは
もったいないから,ゆっくり読もうっと。

図書館から借りてきた『女と絵本と男』(翰林書房)も
なかなかよさそう。
なんて強欲で,移り気なわたしだろう・・・って
本のことを書きながら思ったりもするけれど。

明日は欲を捨てることについてでも,書こうかな。
いまとっても強く感じていることのひとつ。
できないからこそ。
[PR]
by KATEK | 2009-07-21 21:00
今日は簡単に。
(いつもか・・・)

去年はもうどんどん飲み始めていた水出し紅茶・
水出し緑茶・水出しウーロン茶。
昨夜やっと手を出した。

今日飲んでいるこの水出し飲料は,緑茶が主体。
そこにレモンピールやレモングラスがはいっているので,
とってもさわやか。

だいたい6時間くらい水に浸しておけば,お茶の出来上がり。
お湯で出すより柔らかい味なので,わたしは水出しが
気に入っている。

紅茶も水出しで作れば濁ってしまいやすいアイスティーも
簡単に作れるからなかなか便利。

ハーブティー以外は水出しが可能なので,
みなさんもお試しあれ。
[PR]
by KATEK | 2009-07-19 14:41

コンクリートの隙間で。

女性ホルモンは,なんと偉大なものだったか!
哺乳類の遺伝子に組み込まれた,この知恵・計画。
メスが子どもを産み育てるまでの一定期間は,
メスのからだを強力に守ってくれているのだ・・・
と,失ってわかるこの悲しさよ。

わたしの場合はこの春から夏にかけて,
急激にホルモンが変化したというのが偶然受けた検査で
わかっている。
それに照らし合わせて考えると,からだの不調の始まりと
あまりに一致しすぎるのでこわいほど。

近所の内科で血液検査してもらった結果が今日出て,
病気は何もみつからなかった。
けれど,中性脂肪がなんと以前の2倍!になっていた。
大笑いだけれど,笑い事じゃない。
食べる量自体を,うんと減らさなくちゃ。

抗ヒスタミン剤がきれて2日。
夕方から,またまた本格的にかゆみがもどってきた。
唇まできたから,今日はあえてもらわなかった薬だけれど,
明日もらいに行こう。
こんなところで我慢はできないもの。

と,いっつもこんな話ばっかりでいやになるので,
ちと付け加え。

ケータイで写真を撮るようになって,我ながら反応する被写体の
傾向がはっきりしていると自覚するようになった。

コンクリートの隙間に出ている草。
コンクリートと壁の間に伸びている草。
今日は,そんなふうにはえていたタンポポとあと2種類の
雑草を撮った。
なんだかいじらしいし。
でも強いから。
偶然そんなところに種が居ついちゃって,しかもそこで
生き延びちゃって。
踏みつけられたって文句言えないし。
もともと文句なんかないし。
淡々と生き延びているんだなぁ。
勝手に人間がすごいなぁ,なんていったっておかまいなし。
せめて写真に撮らせてくださいな,そんな感じか。

母は強し。
植物も強し。
[PR]
by KATEK | 2009-07-18 20:29

首が・・・

昨日と今日は,仕事しすぎました。
寝違えて首が回らなくなったことはあるけれど,
仕事で実際に首が回らなくなったのは,はじめてかも。
からだこちこち。
野口体操に行ったら,何といわれることやら・・・

でも相方の方がもっと実は仕事しすぎで・・・
「寿命が縮まっていると思うよ。」といわれショックです。

せめてわたしが,元気でないと。

というわけで,早々とおしまい。
[PR]
by KATEK | 2009-07-17 22:29

夏休みの課題

あつかったー。
でも,実はそれほどたまらんというほどでもない。
まだ風がちょっと涼しいし。
それより電車の冷房が厳しい毎日。

封筒に絵を書いて,「絵封筒」。
という作品がある。
この展覧会,見過ごしてしまったけれど,本にもなったから
それでもけっこう楽しめる。

そしたら,切手を作っている人がいた。
もちろん切手としては使えないけれど,切手という
小さな世界に絵を書くなんて,考えても見なかった。

よーっし。
まねしてみようっと。
夏休みの課題。

もうひとつの課題は,
猪木武徳 『戦後世界経済史』 中公新書 を読むこと。

なーんて宣言しちゃって大丈夫かな???
まぁ,学校ってところはともかく計画をたてるところだから,
ね。

切手作っている人は,
「budo-kan シミキョウ」(小文字の間はアンダーバーなんだけど
でてきません・・・)
「はなうた シミキョウ」
で検索です。
[PR]
by KATEK | 2009-07-15 20:23