日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー

<   2007年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

いま流れている曲は,バッハのゴールドベルク変奏曲。
ギター演奏だ。
ギターの音色が好きなわたしは,いい気分。

ゴールドベルク変奏曲はいろいろな楽器で演奏されている
けれど,このギターはなかなか。
素朴な音色が気持ちを優しくしてくれる。

ひざのほうは,痛み止めを飲んで湿布をしていたら,だいぶ
治まってきた。
ともかく動かすことが大事だというので,歩いてはみるけれど,
どうも消極的な歩き方になってしまう。
それに比べて家事,とくに料理はひざにはいいかもしれない。
ひざのことなんか考えていられないさっさとした動きが必要に
なってくるから,自然に両足を同じように使う。
何にも考えないで動くのがいいのかな。

それにしても,また教育の話。
「ゆとり教育」の見直しだって。
よくもまぁかきまわしてくれるは・・・

国語の時間(前にも書いたけれど,「日本語」の時間と
言い換えたいのだ)を増やすのはいい。
でも,どう増やすかが問題。
単にドリルのようなものをやるようになってしまっては,
言葉の力を習得することにはつながらないだろう。

教員がアニマシオンの勉強をしたり,いろいろな本を読んだり
する勉強の時間を確保してくれない限り,授業の質は
変わらない。

なによりも学校という空間が居心地のよいところになって
いかない限り,(少なくとも収容所のようにならないように)
学びの芽はでてこないだろう。
そんなことになるはずもないというのは,学校というシステムが
近代化に伴って出てきたという歴史を見れば明らか。
だから,脱学校ただしどこかで社会化の機会を確保すること
のほうが,現実的かな?

いじめも学校という場にいかなくてはならないという枷がある
からこそでてくるものだ,そう芹沢さんは書いていた。

『「いじめ」が終わるとき』の結論で,一つの新しい見方が
出てきたと感じた部分は,一人になる力を育てること,という
ところ。

こう書いてある。

>「いじめ」が終わることの条件として,二つの答えを引き出す
>ことができそうに思えてくる。
>一つは「みんな」という帰属性を求めないこと。
>二つ目として同じことの裏返しであるが,私たち一人ひとりが
>「ひとり」になることができる力を持つこと。
>「ひとり」になるには,どうしたらいいのだろう。
   ・・・・・・
>私たち一人ひとりが「ひとり」になることができるためには,
>菅原哲夫にならえば,内部に「隣る人」を作ることである。
   ・・・・・・
>自尊感情の核である「隣る人」が子どものなかに育っていく
>ためには,ウィニコットがいうように,「誰かがいっしょにいる」
>というプロセスが不可欠なのである。

自尊感情がいかに大切かは,わたし自身は身をもって感じて
いる。自分のことを見ても,今まで接してきた生徒を見ても。

教科の学習云々以前に,自尊感情があっておびえて時間を
過ごすことなんかない,そんな環境が必要なのだ。

今の社会,子どもも大人もそれぞれの世界でおびえている,
そんな気がするのはわたしだけだろうか。
「ひとり」になる力はたぶん大人にも求められている。

必要なときに必要な人のとなりにただいるだけの存在に
なれたらいいなぁ,そう思う日が続く。
[PR]
by KATEK | 2007-10-31 20:11

小説『父さんの銃』

またまた膝の痛みがやってきた。
昨日,歩いているうちに,どんどん足が重く痛くなって,
ついには階段をのぼることもできないように。

こんなに痛いのは何か原因があるのかもと思い,整形外科へ
行ってレントゲンをとってもらった。

異常なし。

筋肉の使い方がかたよってきたから,痛みが出るようだ。
だから筋肉をつけるべく,痛くとも足を動かすことが肝心と
いわれ,ちょっとばかりがんばる気になった。

でも痛いんだなぁ。
膝の裏の筋肉を伸ばすのがいいらしい。
痛くないところを探しながら,周辺からほぐしをするしかない。
でも,こんなときは野口体操が役に立つ。
当分は,足のことが一番の課題。

『父さんの銃』(白水社 ヒネル・サレーム著)を読んだ。

クルド人の少年が主人公。
1970年から80年あたりのイラン・イラク・シリアあたりの話が
でてくる。

著者はこう語っている。
>「私は,イラクで生きるクルド人,凄惨な暮らしをしながら
>幸福を夢みるクルド人について語りたいと思いました。
>でも,それを政治家のように書きたくはなかった。この本は
>すべて少年の目を通して描かれています。少年の視点を
>とることで,私はきわめて深刻なものごとを軽やかに
>思い出すことができたのです。」

ザクロの実をおいしそうにほおばる少年が,いつの間にか
クルド民族のために闘う「大人」(子どもの年ではあるけれど)
になっていく。

バアス党,フセイン大統領,イラン・イラク戦争なども
この小説の中にでてくる。

政治家の目ではなく,子どもの視点でというのが
共感を持てる。

母国語ではないアラビア語しか使われない学校での授業。
>先生はクルド人の土地を,あちらを1センチ,こちらを
>1センチとだんだん大きくしていき,最後に,4つに分断
>されたクルディスタンの上に青い心臓(ハート)を書きいれる。
>「こうして,クルド人の心(ハート)は引き裂かれたんだ」
>その言葉はとても美しく,ぼくを物悲しい気持ちにした。

今の日本の政治も,生きることとは程遠いことばで語られ,
実際には低所得で,あるいは働きすぎで壊れていく人たちに
何の手も差し出さない。

気持ちがすさんでくるのが一番こわいこと。
政治に真っ向から立ち向かおうとして死んでいく人が,
いつの日にか,この日本にもでてくるのだろうか。
[PR]
by KATEK | 2007-10-30 17:42

カラスの行水

今日はずいぶんあったかな日だった。
ちょっと動くと汗がでてくる。


つがいのカラスとハトが家の近くに棲息しているらしい。
どっちも,ほんとうに仲のいいつがい。
いつもいっしょ。

先日は,カラスが2羽とも水浴びをしていた。
「カラスの行水」ということばがあるけれど,なんとものんびり
水浴びをしている。
わたしが近づいていったら,1羽が水浴びをやめてこちらを警戒。
離れるまでこっちをみていて,安心してからまた水浴び開始。
警戒していたのはオスかな,メスかな?
どっちにしても,相手に対するなんという気遣い!
気持ちがあったかくなる。

カラスやハトは,都市部では嫌われ者。
これ以上増えたら家も困るけれど,いまのところカラスは
2羽だけ。
またあったかい日には,水浴びするんだろうな。
遠くから見守りたい。



話は変わるけれど,何年か前にいっしょの職場で働いていた人
から,葉書が届いた。
どうやら仕事を休んでいるらしい。
心配で電話をかけたら,他にも休んでいる人がいるという。

からだと心を痛めてしまった人は,わたしの知っている人だけ
でも片手では数えられない。
ぼろぼろとダウンしている。
ひどすぎる。

職場でパワーハラスメントを受けたり,超過労働に苦しむ人が
こんなに増えてくると,恐くもなってもくる。

生徒だけではなくて,教員も学校に縛られすぎじゃないのかな。
(知らないうちに縛られている場合も含めて)
人間,いろんな生き方ができるっていつも思っていないと
やられてしまう。
人間らしさをいつまでも追求できるよう,練習が必要かも。

わたしも,ゆっくりすることを,がんばってやっていこう。
不安もあるけれど,それは後回しにして。
[PR]
by KATEK | 2007-10-29 18:34

素敵な出会い

こんな天気の悪い日。
からだのほうは,やっぱり反応していて,「動くな」っていう
メッセージを出している様子。

そんななかでも,今日は素敵な出会いがあった。
前からよく知っているような,でもあったことのない人と,
前にあってから10年以上経つ人とわたしを含めて
3人でランチを楽しんだ。

まずはランチがとってもおいしかったこと。
パンを作っているお店でのランチだから,パンがおいしくって・・・
もっといろんなパンを食べてみたかったけれど,からだには
限界というものがあるから,残念。

わたしって,小さな頃からひどく人見知りで,人と会うってことに
とっても動揺してしまう。
どんなに楽しみでも,なんだかそわそわ&たぶん不安。
でも,会ったあとではよかったなと思うことが多い。

今日もそんな出会いで,楽しく刺激を受けてきた。
でも,ことばがなかなかでてこないことが,自分自身のなかでは
気に入らないまま時間が過ぎてしまった。
いっしょにいた二人は,ことばがとってもすてき。
(すてきってことばでくくっちゃうことからしてよくないな)
話が具体的で,いいたいことが伝わってくる。
わたしったら,うなずくばっかりで,ふわふわしたことしか語れない。

仕事以外でどんな本を読むかなんて話題では,トンチンカンな
受け答えになってしまった。
好きな作家とか作品とかジャンルとか,考えたらあるようでない。
いろいろ手を出しすぎて,とらえどころがなくなっている今。

とりあえず,韓国の詩人に興味があるって応えた。
つい最近まで茨木のり子さんの,韓国についての本(対談)を
読んでいて,イトンジュのことやキムジハのことを思いだし
また読みたいと思ったから。
買ったままになっている韓国詩人集を読みたいと思ったから。
韓国の女性の書いた『和解のために』を読書会で読んだから。
だからいまだけのマイブーム。
1週間もしたらまた違った応えになっているだろう。
そう話せばいいものを,なんだかはしょってしゃべってしまって後悔。

手当たり次第読みたいものにぶつかっていっているのが現状。
読みたいものは,詩人の作品もあれば,経済のものもあるし,
労働に関するものもあれば,絵本もある。

これっておいしそうなお菓子を前にして,どれをとっていいか
選べない時の気持ちとよく似ている。
世の中知りたいことや感じたいことがありすぎ。
大人はそのなかから取捨選択ができるはずなのに,
わたしの場合はそんな基本がなっていなくて・・・

言葉を大事にしていないてことかも知れないなんて思った。
今日相手をしてくれた二人は,その点違うよなぁ・・・

なんてまたまたとりとめのないことを書いてしまった。
とりあえず,今朝読んだアーサー・ビナードさんの絵本
「くうきのかお」が,とっても気に入っているので,
明日にはそこ絵本でも紹介しようかな。
[PR]
by KATEK | 2007-10-27 18:52
赤いころっとした実がひとつ。
舗道に落ちていた。
ハナミズキの実が近くの枝から落ちて
ころがってきたようだ。

ちょっと考え事をしていると,なかなかゆっくり歩けない。
もうちょっと速度を落とすと,急に葉っぱや草がみえてくる。
ゆっくり歩いて空を見上げる。葉っぱの隙間から
みえる雲。

いろんな速さで歩くといいみたい。
でも,やっぱりひざが痛くなるので,それをかばって
太ももが筋肉痛で重い。
これは重量オーバーが原因。
ほぐして,歩いて,長続きさせたいもの。

昨日のニュースや今日の新聞には,
全国一斉テストの結果が発表されている。

東京新聞のリードは「経済格差 学力に影響」とある。
あたりまえのことが,確かめられただけ。
だから「平等」を求めようとはいかないもの。
小学校まで飛び級を認めようとしている今の主流の方針は,
こういう結果がでても,何も改善されないように思えてしまう。

数億円(数十億円)をかけて行われた学力テスト。
たとえば,
その分学校や市町村の図書館を活性化させるために
使ってもらいたい。
フィンランドのように図書館がたくさんあれば,お金がなくたって,
本が読める。
図書館が子どもの居場所の一つになっていくのもいい。

競争をあおる教育に未来はない,
そう思う。

芹沢俊介の『「いじめ」が終わるとき』(彩流社)を読みながら,
子どもが安心していられる場所を作ることが,いま,
どんなに大切かって思ってしまう。

学校に縛られて(学校文化に縛られて),自分の存在が
危うくなること。
教員にとっても生徒や児童にとってもいいことはない。

大人である教員だって,つまりわたしだって,学校に居場所を
見つけよう,なにか意味を見出そうとしながら,そうはいかない
(いかなかった)現実がある。

学校なんていいことない,そう思っても学校に縛られる時,
自分が壊れていく。
「もう少し学校でがんばってみれば」といっていた,何年か前。
それは生徒に向けていっていたつもりだったけれど,
本当はわたし自身へのメッセージだったようだ。
そして,がんばったら壊れることにはじめて気づいた時,
再生の道を探すことができた。
同じところにいながら,別の「居場所」をさがすこと。

あぁ,なんでこんなことかいてるんだろう。

芹沢さんの本,まだ途中。
「根本的解決への提言」という副題がついているこの本。
最後まで読もう。
[PR]
by KATEK | 2007-10-25 19:11
久しぶり!ピアノレッスンのご報告。

さぼってばっかりのわたしなので,なかなか先に進まないの
だけれど,先生は大丈夫だよといってくれるので,甘んじて・・・

「はじめてピアノをならうこのために ぴあのどりーむ」
「サブ バイエル」
これがわたしの課題曲集。
かわいくてきれいな絵本のような本なのだけれど,
かわいいどころか,いま山場をむかえている。

うーん。
見かけは易しい楽譜なのだけれど,指使いと音がばらばら。
右手と左手が違う音やリズムをひくというのが,
なかなかうまくいかない。

先生のアドバイスは,
「もうこれから先の楽譜は,右手だけ,左手だけで練習すること。
どちらの指の音もしっかり打鍵できるようになったら,
その時初めて,両手で弾いてみて。」
「自分が出している音を自分で確認することが大事だよ。
ゆっくりでいいから,正確に,頭と耳を使って音で確認。」

最初の頃に書いたけれど,右手と左手の音は,それぞれが
流れている音楽なのだから,楽譜は縦にみないで,横にみる,
ということ。

両手で弾くということを目標に,焦って両手の音を合わせて
しまうのは,結局後が続かなくなるとのこと。

これでもか,というほど片手で練習することが大事なんだそうだ。
焦りは禁物。
ただただ繰り返すこと。
その先に音楽が開ける。

理屈はわかっている気がするのだけれど,
いつどんな風に右手と左手があってくれるのか,音楽になるのか
まったく未知の世界。
だから,この山を越えたら,何かありそうな気がしてくるものの,
さぼりやのわたしにできるかどうか。
でも,ちょっと挑戦する気になっている。

先生はとっても優しい。
ピアノを前にして,「はい,もう一度」と,何度でも言ってくれる。
この根気よさと,観察には頭が下がる。
わたしの弱点がどこか的確にアドバイスしてくれる。
こういう根気よさや観察眼は,一斉授業でも必要なこと。
ほめることもまた同じ。

焦らず一歩一歩を大事に,スモールステップをつくること。
ピアノを習うだけではなく,教え方も習っているわたしのレッスン
でした。
[PR]
by KATEK | 2007-10-23 18:03

太鼓の音は響く

日が差しているときはあったかいけれど,夜になったら
急に冷え込んできた。
お祭りの日は毎年そうなる。

ピーピードンドンという昔ながらの笛や太鼓の音には
めっぽう弱い。
いつの間にやら,音のする方へ足が向いてしまう。
今日は近くの街のお祭り日。

なんだか今年の混み様はすごい。
人のいない道を探しながら,山車を見つけて近づいては見物。
そしてまた移動を繰り返す。

お目当ては山車でおどっているお狐様にあうこと。
そして食べ物。

食べるものはもう決まっていて,しょうゆ屋さんのだしている
イカこんにゃく。サツマイモのつぼ焼き。おだんご。甘酒。
それにプラスアルファ。
今年のプラスは,味噌まんじゅうに,お芋のおかし。

このお祭りになると,もうあたまのなかはイカこんにゃくに
なってしまう。
不思議なものだ。

いつもは開けていない店も,お祭りの時だけはシャッターを
あげて,なにやら怪しげなおもちゃや骨董品,その他いろいろ
売っている。

ここにこんなお店があったっけ,と思うほど,いつもとは様子が
違う。この店,売り上げあるの?と思うような店も繁盛している
様子。さすがお祭り。

毎年夕方から夜の終わりにかけていっていたけれど,
この調子だったら夜の混みかたは只者ではなかったに
違いない。

お祭りが終わっていく寂しさも,ちょっと雰囲気があって
いいのだけれど,今日は日中に出かけてさっさと帰って
きてしまった。

歩いている途中で見つけたコーヒー屋さんから買った豆で
あとであったかいコーヒーをいれよう。

初めてはいった喫茶店もなかなかよかった。
中国茶のお店。お茶と食べ物が中国・ベトナム風。
今日はジャスミンミルクティーを飲んだだけだったけれど,
こんどは何か食べてみたい。

なんて食べることばっかり考えているわたし。
薬を増やしたせいか,食欲ありすぎで困ってしまう。
今日はお祭りで4時間くらい歩いたから,12分間歩きは省略。
でも明日から節制と歩きにTRY。
[PR]
by KATEK | 2007-10-21 18:41

12分間歩き

12分間歩いてきました。
(そういえば,12分間走というのをやたっけ,と思い出して)
ストップウォッチをもって。

たった12分ですが,うっすら汗をかきました。
これっていいかも。
しかも人通りがあり,木がたくさんある部分を選んで,
家の周辺を歩いたら,ちょうど12分。
ばっちりです。

気持ちがよかったので,マンションのエレベーターで
いっしょになった子に,「何階?」とききました。
そこをおしてあげたら,「ありがとう」といってくれたので,
「ありがとうって言えてえらいね。」なんておせっかいなことまで
いってしまったわたしです。

12分間歩き,ちょっとやってみようかな・・・
[PR]
by KATEK | 2007-10-19 19:12

めからうろこ

なんだか気持ちが焦っているみたい。
こんな時はまず,からだを大事にしなくっちゃ。

膝の痛みがなかなかすっきりとれないので,カイロプラティック
というところにいってみた。

ここで聞いたことは,めからうろこ。
なるほどがいっぱい。

ネットで調べたら,膝が痛いときはまず安静にする,という
記事が多かったので,痛いところはあんまり動かさずにいた。
ここが間違いなんだそうだ。

わたしの場合は,膝を損傷しているわけではないので,
この痛みは筋肉のおとろえによるものか,体重増によるもの
と考えられる。

そんな時に足を動かさないでいたら悪循環になるんだということ。
太ももの表側の大きな筋肉の衰えを防ぐのが第一。
1日5分でもいいから歩くようにといわれた。
そして40分を目標にする。
それ以上歩くと,筋肉の疲労が始まるのだそうだ。

あっためるのも×。
からだ全体の血流をよくするお風呂はいいけれど,
膝は反対にアイシングというのをするのがいいらしい。
膝に水がたまるのも,からだが自分で炎症を抑えて,
つまり冷やそうとしてのことなんだそうだ。

だから,冷たくして炎症を治めるのが一番。
腫れも引くという。
ただ冷たすぎるのはまたやりすぎ。
氷水をあてる。=0℃を保って冷やす。
これがいいのは,長い時間冷やせるから。
25分冷やすのを3回やるといいといわれた。

まぁわたしの場合はそこまでしなくともいいから,
まずは動かして,使った筋肉は必ずストレッチで伸ばして。
これが鉄則。
筋肉は使うと縮むから。

ほう。
なんだかやる気が出てきたぞ。
薬だけに頼らずに,歩こうか。

外は雨がしとしと・・・でも,
今からちょっと歩いてこよう。
行ってきます。
[PR]
by KATEK | 2007-10-19 18:37
いつからか,なんだかこのブログの内容・調子が
変わってきたような気がする。

毎日書かなくちゃと思っていた頃は,時事問題にも
敏感でいなくっちゃとも思っていた。

でも,今は違う。

ジャーナリスティックなこと,今テレビや新聞で
とりあげられていることに追いつこうという気持ちがなくなって
しまった。

あまりに報道がおもしろくないからでもあるし,
ばからしくなってきたからでもあるし,
疲れてきたからでもある。

疲れに敏感になりすぎかもしれない。
でも,この敏感さは,きっと今のわたしのからだが発信して
いるメッセージなんだろう。
このメッセージに従おう。

堀川高校の校長先生の話,姿を見ていて,
すぐにでも働きたくなった。
でも,どっと不安も出てきた。
なにごとにも早くできなくなっているわたしなので。

電車の中で,今日子どもが叫んでいた。
「はやく!はやく!」
なんで子どもがそんなに急ぐの?
子どもだから急ぐの?
親は何にも言わないで子どもに従うの?

子どもは自分ががんばっているときや,驚きや発見の場面に
いるときは,きっと親を呼ぶだろう。
「はやく!」って。

でも,今日の「はやく!」は様子が違った。

生徒が自分の都合で「早くしてよ。まだ?」といってくる感じ,
それとつながるものを感じたのだ。

ともかく結果を速く知りたがる生徒。
説明は聞かずに。
でもそれは違うよ。
あわてないで。
わたしは,そう思ってしまう。

人の話は聴かない,そんな生徒の様子を思い出してしまった。
亀田親子の謝罪会見の姿もダブって。
「とりあえず」あやまっておけばいいという感じ。
こんなくだらないこと速く終わりにしてよ,という生徒とまるで
変わらない態度と言葉遣い。

堀川高校の校長は,
「大事なのは急ぐことじゃないよ」と生徒に言っていた。
「あなたは何を伝えたいの?」と聞いていた。

そういう時間が確保できる気持ちになったら,
そんなペースが自分の中でできたら,
たぶん,もう休まなくてもいいからだになっているんだろうな。

焦らずに待つしかないかな。
[PR]
by KATEK | 2007-10-18 18:44