日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー

<   2007年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

たったこれだけ。

なんだか急に「書けない」感じ。
なぜかなぁ。

今日は知人の入っているサークル・声楽の発表会に行ってきた。
声のコントロールの難しさ。
声楽のCDをききたい。

たったこれだけ,ご報告。
[PR]
by KATEK | 2007-06-30 21:10

やらなけれないいのよ。

しわくちゃになったベランダの植物達が,朝にはピンとなっていた。
うれしー。
朝,さっそく水をやったけれど,今日の暑さはどうだったかな・・・

やらなければならないことで,やりたくないことを,どう処理したら
いいかなんて,つまらないことで悩んだりしているわたし。

そういう時は,
「やらなければいいのよ。」
というあっさりした反応にあい,そうか,と変に納得する変なわたし。

今の生活をしていくなかで,疲れすぎてしまって,
たとえばクスノキの葉っぱの色や形にときめかなくなったら,
それはかなり悲しいことなので,そんなことにならないように,
休むとか,辞めるとか,やらないとか,
そういった選択を考えていってもいいんだ。
と,思った。

単純?

やりたいのか,元気を出してがんばってやっているのか,
その辺に自覚的になれればいい。

宮沢元首相が亡くなって,世の中希望や最後の綱みたいなものを
次から次へとなくしていって・・・
こんな時代だから,焦らず社会の出来事にいま少し
鈍感なままくらして行こう。
[PR]
by KATEK | 2007-06-28 21:35
あぁ暑かった。
水の恵みがないと困るのに・・・

今しがた,ベランダの花に水をあげた。
もうしわくちゃになっていたのもあって,心配。
明日には,のびのびと手を伸ばすように,葉っぱを
ひろげてくれますように。
[PR]
by KATEK | 2007-06-27 17:45

絵が描けたらなぁ

今日であった一枚のくすのきの葉っぱ。
まるで,クレーの絵を一部分切り取ってはりつけたような・・・
茶色とオレンジの色のグラデーションの中で,赤い色が
ブロック状にあちこちに点々と。
黒い点があちこちに。

もうこの一枚で完全な絵。

カメラを持っていなかったから,ノートにはさんでもって帰ってきた。
もう色は退色していて,つややかさやビビッドな感じはなくなっている。
あぁ。
こんなとき絵が描けたらなぁと,強く思う。
時間があるとき,再現してみるつもり。

朝は朝で『心を描く心理学』を読んだ影響で,
自分の心を(心のイメージを)書いてみる。
クレパスを使う。
ピンクや青や緑や黒・・・
わたしの心ってこうか・・・なぁ。

書いてから,本に例示されていたものを見ると,
あぁ,こんなに自由な絵がかけるんだと感心。

文字がかけない日は,スケッチブックに向かってみよう。
[PR]
by KATEK | 2007-06-26 21:21

流れは続く

「安全な食品」ということがいろんな本に書かれるようになって
もうずいぶん日が経つ。
チキンボールとか,冷凍ハンバーグとか,ミンチを使った
お惣菜は買わないほうがいいとは思っていたけれど,
ここまで肉の扱いがひどかったということは,
あきれるを通り越している。
コロッケは出来合いのものを買うことしかしてこなかった。
なに食べされてきたんだろう・・・

年金の問題や肉の問題ばかり大きくとりあげられているうちに
なんだかいろんなことが他のところで起こっている気がする。
情報に疎くなっているわたし。


ピアノのこと。
右手と左手を,楽譜どおり動かすのはとっても難しい。

わたしは小学校の頃,エレクトーンを勝手にいじっていたことがある。
音楽の知識なんか全然なかったから,休符なんてあってなきがごとし。
ともかくメロディーらしいものがあって,そこに和音がくっついて
いればよし,と思っていた。

ところが,音楽というのは,休符がきちんと数えられてこそ
音楽になる。
メトロノームにあわせて音を出すことも,案外難しい。
知らない間に微妙にずれてばかり。

そして最大の発見は,
楽譜は,上下を見てあわせて弾くものではない,ってこと。

右手のメロディーはあくまでも,メロディーを求めて先に進む。
左手はリズム・和音いろいろな役目を果たしながら,
まさに,あるときはトランペットの役目,あるときは馬車の音
あるときはハープのようにきれいなメロディーがうまれたり,
なんてなりながら,左手の音楽が進む。
それが,最後に一体になって,一つの音楽がうまれるのだ。

わたしは泳げなくて特に平泳ぎが全くだめなんだけれど,
それは手と足を合体させるときに問題が起こるから。
頭が急に,手がここにあるとき足はどこにいくんだっけ・・・
と考え始めて,そうしているうちに沈んでいくのだ。

まさにそれと音楽は一緒。

ふたつの流れは,あくまでとまらずに続く中で,合体するのだ。

簡単なことは奥が深い。
頭でなにごとも何とかなるなんて,大間違いの世界のほうが
きっとおおいんだろうな。
[PR]
by KATEK | 2007-06-25 19:40
ブログを当分休みます。
なんて,書いておいて,だらだら続けているわたし。
どうも,中途半端さが残ってしまう。

ブログでも,なにか役に立つ情報提供や,意見表明をしなくては,
なんてつまらないわたしだけの縛りを作ってしまって,
それにとらわれカチンコチンになってきたようだ。

pianocraftさんがコメントしてくださったように,
もっと「風を感じて」らくーに,ここちよーくしていればいいのに。
なんてまた梅雨の晴れ間になりそうな朝に思っている。

そもそもおおもとは,
「女性は男性と同じように働き,社会参加しなくてはならない」
なんてかたくなな思いに縛られ続けてきてしまったことにある。

かなり封建的な男尊女卑の家庭に育ったわたしは,
「女だから~してはいけない」ということばをずっと聞き続けて,
女であることが,たまらなく口惜しいと,高校生の頃まで
思ってきた。

ウーマンリブとかフェミニズムとか,時代の流れにあわせて
女性が「強くなる」ことばかりをめざしてきた。

歳を経るにつれ,男性も女性も同じように生きやすい社会を,と
そんな風に感じ方や考え方は変わってきたはずなのに,
小さい頃から身につけてしまったmustがなかなかとれない。

わたしってほんとに頭が固いのだ。

高群逸枝さんのように,家事は全然だめだっていいから,
世のためになる仕事をしたい,そんな考えも,ずいぶんかたくなに
持ち続けてしまった。

これからは,縛りをはずし,ボルトを引き抜き,
そんな方向にいけたらいいなぁと思う。

女性の社会参加だって,戦時中国防婦人会が行ったあんな「参加」を
これから求められる時期が来るかもしれない。
そんなときNONといえるしなやかさをもちたいし,ね。
[PR]
by KATEK | 2007-06-23 09:03

キャンドルナイトin夏至

静かな雨。
なんだか気持ちも落ち着くようだ。

それにしてもからだの硬さと,気持ちのかたさ,痛みそれぞれが
なんとまぁよく結びついていることか。
薬で頭がボーっとしていても,からだはいろいろ反応する。
何も考えないで,ゆっくりからだを揺らして,風になびく感じを
つかまえられたらいいな。

野口体操で,からだが緩んでくると,胸をあけると肩甲骨どおしが
背中でくっつくようになる。(というのだが,わたしは無理!)
その肩甲骨の間に紙を挟んだりもできる。

そんなにからだが割れてきたらいい。
まずは腰からだけれど。

そういえば,今日は夏至。
せっかくの一番長い陽を楽しむことはできなくなってしまったけれど・・・

スローライフをめざして,「100万人のキャンドルナイト」という
催しが行われると,東京新聞のコラムにあった。

soro72さんがたくさん作られた,あの木のキャンドルで
夜を過ごせたらいいだろうなぁ。
長い夜,音楽や話や沈黙を楽しみながら・・・
[PR]
by KATEK | 2007-06-22 17:53

入れ歯か・・・

国会ではまた法律が新たに制定された。
いつの間にか,日本が変わっていく。

さっきニュースで,入れ歯のリサイクルと,報道していた。

リサイクルか・・・・・

ユダヤ人も身包みはがされて,強制収容所にいれられたっけ。
もちろん,わざわざ歯のなかに隠した金・銀もとりあげられた。

ふとそんなことを思い出す。
[PR]
by KATEK | 2007-06-20 19:00

遠ざかる。遠ざかる。

社会とだいぶ遠ざかっている。
遠ざかろうとしている。
たぶん今はそんなことで,均衡を保っている。

緑の葉や,木々たちに元気をもらいながら。

テレビも見ない。
新聞も読まない。
ラジオも聞かない。

それでもいいこともある。
はず。
[PR]
by KATEK | 2007-06-19 17:50

何もしなくていい

「しなければならない」から脱出への道を
探ろうと思います。
しばしお休みします。
(かも知れません)
e0046083_21433889.jpg

[PR]
by KATEK | 2007-06-18 21:43