日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー

<   2005年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧

詩とその訳し方

今朝電車の中から見える川に,ふわふわと蒸気が
あがっていた。
冬になったんだとつくづく思う。
また川は朝日をうけて金色に光る。
その光によって,わたしは朝から元気をもらう。
朝の光は,天然の薬。

帰りになったらなんだか息が詰まってきて苦しい。
だからマッサージを受けてきた。
息をするって本当に大事なことなんだなぁと
マッサージを受けてまた実感。
からだが縮こまると,息も浅くなり,気がめぐらないから
気分もさっぱりしないもの。今は気分絶好調。

前にもりゆさんに推薦してもらった須賀敦子さん。
中井久夫の『関与と観察』の中にも紹介されていた。

サバの詩をわたしはまだ読んだことがない。
須賀さんの翻訳によるものがでているという。
興味深かったのはそのこと事体ではなく,須賀さんの訳し方の
変遷だ。

初期の訳(『ウンべルト・サバ詩集』 みすず書房)

 町を ずっと横切った
 そこから 坂を登る 
 はじめは 建てこんでいて だんだん
 人影もまばら 突き当たりは 低い石垣
 その人隅に ひとり 腰かける 
 石垣の終わるところで 町も
 終わりのようだ

遺作になった訳

 街を,端から端まで,通り抜けた。
 そこから坂を登った。
 まず雑踏があり,やがてひっそりして
 低い石垣で終わる。
 その片すみに,ひとり
 腰を下ろす。石垣の終わるところで,
 街も終わるようだ。

なんという変わりよう。
リズム感がぜんぜん違う。
句読点の使い方一つで,印象も変わる。
遺作のほうは,腰をおろしている人が浮き上がって見えて
くるようだ。

こんなふうに,ことばを大事にしている人の
訳を比べることがこんなにおもしろいとは思っても見なかった。

でも,音楽などは,特に声楽は,年齢によってぜんぜん
解釈が変わったりするので,歌も変わってくる。
ジャズもそうだ。

須賀さんの本と,サバの詩集を読んでみたい。

そう。あした
『星の王子様』を池澤夏樹のもので読もうと思っている。

『海からの贈り物』も落合恵子訳のものをよむつもり。 
 
 
[PR]
by KATEK | 2005-12-15 19:28
なんだかまた疲れ気味。
検査結果から,臓器の異常はがんではないとわかり,
ちょっと安心。

昨日読んでいた本に
(確か『ことばによって世界は変わる』ってタイトルだったような)
けんかをしたり怒鳴ったりするのに,日本語の場合,女性の
つかうことばではうまく機能しないと書かれていた。

そういえばそう。

「おまえ」とか「OOやめろ」とか「すわれ」とか,命令語は
女性が使うとなんだかへんになる。
まぁいまの子ども達は,平気でつかっているけれど。

わたしもすぐに,男子生徒から「OOくん,すわって。
「はーい,はじめます。」なんて声をまねされてばかりいる。
悪気はないのはわかっている,というより親しい子のことが
多いのだが,なぜまねをするんだろう?
そういえば不思議なことだ。

強気で怒鳴るときは,「きたない」ことばを使わない限り
からだ全体で,大声でちからの限りことばを発しなければ
ならない。いわゆる金切り声?になりやすい。

男の人はこんなことで苦痛を感じたことはないのかもしれない。

やっぱりことばは「世界」を規定するのだ。


話しかわって,今日の新聞から。

二酸化炭素の削減について,アメリカの東部の州では
ブッシュの消極的な態度に反し,削減プロジェクトを立ち上げた
そうだ。
こういうところは「うーんアメリカ!」と思ってしまう。」

日本は地方分権を叫びつつ,こんなことはできないだろう。
でも,こういう分野からこそ地方自治が始まるのかも。
ちょっぴり希望の湧く記事だった。

ほんとうは,塾の講師の女子児童殺人事件についても一言ある
のだけれど,疲れたのでやめとこう。
[PR]
by KATEK | 2005-12-14 18:51
今日こそ運動をと思っていましたが,未だ実行していません。
でも昨日よりはちょっとアクティブ。

駅で,『あらしのよるに』というアニメ映画のポスターを
見かけました。
職場の本好きの間で,ちょっとブームになった絵本です。

ある一匹のひつじと,またある一匹の狼が嵐の夜に
避難した場所で偶然知り合い,お互いのことが見えないまま
(お互いの正体を知らず)
話がとってもあってしまって,友達になる約束をします。

あってみて当然びっくりするわけですが,友達としての約束を
優先します。
けれど,会うたびに不安になります。
相手がが信じられるかどうか,自分の欲望に歯止めがかかるか。

最後は,狼が犠牲になり死んでいきます。

この結末に対して,どこかの本に批判が載っていました。
どうして「犠牲」が美しく描かれるのかと・・・

わたしは読み終えたとき,やっぱり変な気分になりました。
強いほうが「犠牲」になるんだって・・・
なんだか作り話でしかないなぁと。

「犠牲」を美しいと思うのは,今こそとってもいやな気分です。

ところで,今日,生徒の成績についての打ち合わせがありました。
ガムをかんだり,ケータイを机の上にだしていたりすることは
注意すべきことというのが,暗黙のルールです。
わたしはそのルールに反していることをやっています。
黙って,注意はしていません。
注意している同僚達は,「いやな気分になるよな」といいます。
それは当たり前のこと。
そういう行為についての注意をお互い気分を壊してまですることが,
わたしには不可解なのです。
そしてそれを成績に組み込むことも。

もしも家庭で人の話はきちんと聞くんだよと確認できていれば
自然と注意など要らなくなるでしょう。
でも家庭でも,注意というのは難しいものでしょう。
何かに真剣に集中できれば,ほかのこともできなくなるはず。
そういう場を創ってあげたい。

大人の仕事場でも,ガムをかんだり,飲み物を飲んだりというのは
「よくない」行為なのでしょうか。
TPOにまかせますよね。
何か求めることがあって,それを妨害する行為はやめれば
いいのです。
子どもとはいい関係で,多少のことは目をつぶって,いやな感じ
のない状態で勉強する方を選びたいのです。
でも違うのかしら・・・

中井久夫の本に,戦争は簡単に起こせるけれど,
「平和」は維持するのに目に見えない時間と努力が要ると
書かれていました。
人間は簡単なほうを選びやすいと。

ぜんぜん授業を受けず(寝たまま),成績に下駄を履かせる
チャンスを何回も与えているのに,やってこない生徒がいます。
金曜日提出の約束をしたレポートを,今日も約束の時間に
遅れてきてやっとだしました。
でも内容が不十分。
そのことを注意しても,暖簾に腕押し。
ちょっといやな顔をして,書き足し始めましたが,こちらから
普通に話しかけると素直に,自分に不利になることも話します。
この子に1をつけることにどんな意味があるのか
わからなくなってきました。

彼女と真剣に話す大人が今までいなかったことに,問題があると
感じたのです。
話を聞くと,あらゆる人から注意されているか怒られているので,
注意されることになれきっています。
あやまればいいと思い込んでいます。

彼女とはあさってふたりでゆっくり話し,彼女の何が問題なのか
お互いに考える機会をもつことで,成績をつけることにします。

こういうのってやっぱり「甘い」ことなのでしょうか。
でもこれがわたしのやり方です。
[PR]
by KATEK | 2005-12-13 19:06

冷えは大敵!

今日2度目です。

思わず中性脂肪のこと調べてしまいました。

なんだか足の先が冷たいなと,最近思っていたのです。
なんと冷え性と,中性脂肪に関係がありました。
そして甘いもの。

甘いものをたくさん食べると,体が冷えるのだとか。
そうすると中性脂肪も燃えにくくなる!

やっぱり甘いもの我慢!します。
したいなぁ。
できるかなぁ。
なるべくしよう。

後は運動ですね。

職場の階段の上り下りでもしようかな。

でも楽しくなくっちゃ,長続きはしないのです。

何か考えましょう。
[PR]
by KATEK | 2005-12-12 19:37

なんと5000万

今日はとっても寒かった。
コートを変えていったので,なおさら寒かった。
(やせがまんかも)

帰り道,急ぎ足で歩く。
白いさざんか(椿かな?)をみつけた。
(暗かったからもしかしたら薄い桃色かもしれない)
椿もさざんかも,どちらかというと赤系のものをよく目にするけれど
冬に白っていう色もなかなか捨てがたいもの。
しゃんとした感じ。
背筋が伸びる。
今度香りをかいでみよう。

ところで今日読んだ雑誌『世界』の中のひとつの文章。
なんだかため息の出る記事だった。
これからの生活で,転落への道を行くかどうかの境目は
なんと5000万円分の資産があるかどうかなのだそうだ。

地震などの災害,今回問題になっているマンションの設計に
かかわるトラブル,そんなものに耐えるラインが5000万!

賃金も上がらず,金利も安く,こんな世の中で5000万か・・・

完全に弱肉強食の世の中。
こんな社会のなかで,かもしだされるのは,不安と自暴自棄。
いろんな事件が起こるのも,本人だけのせいではなく,希望を
見出せない社会の構造にあるんじゃないか知らん。
政治って,希望のないところでは奪い合いになるだけって気がする。

話は変わるけれど,職場の健康診断の結果が出ていた。
ショック!!
人間フォアグラだ。
中性脂肪が多すぎる!
なんて数字を見たのにもかかわらず,甘いものに出る手を
とめられない。
おなかはいつものとおり,いらないよっていっているのに
まるでこの手に意思があるように,手が伸びていく。
どうしたらとまると思いますか?
がまんでしょうか?
明日は違う日になると信じて・・・
[PR]
by KATEK | 2005-12-12 18:56
今日の,ブランチはいろいろ温野菜のサラダとパン。
今晩は相方の作るホワイトシチュウ。
わたしは今日のおしごとはもうおしまい。
洋服と本の散らかった部屋の片付けでもしようかな。

最近洋服の衝動買いはへったけれど,本は依然として
買ってしまう。

とくに,単行本は,最近買っておかないとすぐ姿を消してしまい
入手できなくなりやすいから,なおさら。

でもこの部屋の散らかり方は,ちょっとすごすぎる。

中井久夫の『関与と観察』によれば,
そこのうちの住人の精神状態は,まずは植物・それから部屋の
散らかり方でわかるという。

うつの患者に園芸療法で適している植物は,アロエ。
ほうっておいても枯れないから。

我が家ではわたしが花好きなので,調子がよくなるとプランター
に何か育てたくなる。でもしんどいことが多いので,つい
スパルタ式の育て方になってしまう。(つまり手をかけない)
それなのに,パキラと今年植えた球根は何とかがんばっていて
くれているようだ。

そして洋服。本。これをなんとかしなくては。
シンプルな生活が夢なわたしは,服の多さにときどきどっと疲れる。
元気な頃はそんなに服なんか買わなかったのに・・・
結局,新しい服を着ることで次の日の仕事のやる気を出すという
感じだったのかなぁ。
だから安物ぞろい。
でも安くても捨てられないから,家の中は散らかるばかり。

昨日,相方に
「電車の中で,わたしの隣が空いていても座る人は混んでいないと
あんまりいないんだよね。」と話したら
「そうでしょう。君のかっこうは,浮浪者にみえるからね。」
だって。

わたしは,和風の感じや,アジアン系の服が多いから
だらっとした感じの物が多くなる。
まして今着ているコートは,黒の和風柄の半ば半纏を長くしたような
感じのもの。ちょっとつやがあるので,きたなくなってできたつやに
見えないことはない。
でもショック。

わたしに日常の生活が服の着方にもにじみ出ているのかもしれない。
もうちょっと,片づけをきちんとして,さっぱり服を着こなせるよう
こころがけなくちゃ。
[PR]
by KATEK | 2005-12-11 18:11

外交の経験のない日本

今日は気持ちよくずっと寝ていました。
さっきからちょっと仕事。
中断して,パソコンに向かっています。

とはいえ,今日は寝ていたわけで,何の情報もありません。
なぜブログを書くのか・・・

1953年から事故死する1961年まで,
国連事務総長だった,ダグ・マハーショルドというひとの日記
『道しるべ』みすず書房 を入手しました。

日記なのですが,詩といってもいい,ことばが洗練されて
いる文章です。
公刊された当時は,ベストセラーになったといいます。

国連の仕事は今曲がり角に来ているようです。
アメリカという大国の横暴で。

スウェーデンという北欧の「中くらいの」国の目は,いまこそ
見直されるときかもしれません。
中くらいの国と,アフリカのように混乱が耐えない国とが
世界でもっと発言権をもてるようになるほうが,
健全なのではないかと思います。

中井久夫の本には,「日本は外交というものをほとんど
したことがない」と書かれていました。
日露戦争から今まで,自力で外交という平和的戦略をとったこと
のない日本。
いつも大国の介入で,戦争は終わりになり,「決着」を自ら
つけてこなかった日本。

今回の小泉内閣に現れているように,論争を避けようとする政治
はとても危険です。
力をもってしまったがゆえに,更なる力に頼るのではなしに
あたらしい外交の力をもつべきでしょう。

それには国民の間での論争が土壌として必要です。
急ぐことが優先され,論議をまともにしない日常。
これをどうにかしなくてはなりません。

論争というと「怒り」「怒鳴り声」が伴うと勘違いしてしまうような
国会やテレビの世界。
その意味でまだまだ近代を乗り越えていない日本です。

となんだか評論家のようなくちぶりになってしまいました。
ともかく,順番にですがこのマハーショルドの『道しるべ』を
味わって読みたいと思っています。
[PR]
by KATEK | 2005-12-10 22:49

今日はごった煮的

MRIの結果,頭痛は脳の血管などの障害からきている
ものではないことがわかり,ほっとしました。
後は今月末,また検査。
こっちが問題です。

と,唐突な話から始まってしまいました。

今日の空はきれいでした。
お日様ぽかぽか。
大きな公園にでも行って,落ち葉を踏みしめてきたいと思うほど。

そう。気になっていたケヤキの枯れ葉の件。
『図解 樹木の診断と手当て』によれば,どうやらやっぱり
温暖化がかかわってきている様子。

落葉樹が落ち葉を落とす理由は,そのまま葉をつけていると
葉に霜が降りたり,こおってしまったりして木の本体を
冷やしてしまうからだそうです。
だから休眠してからだを休めるためのはたらき。

ということは,葉を落とさなくてもいいくらい暖かくなってきたってこと
ではないでしょうか。

カシワやクヌギは,反対に葉をつけて冬をすごすそうです。
これも寒さよけ。ケヤキもこの仲間に入れてもいいそうですが・・・

この枯れ葉現象は実は,真夏から起こっていたのです。
ですから,木の本能がおかしくなっていると考えたほうが
いいのかもしれません。
いずれにせよ,もっと理由はあるのでしょう。
木と一緒に世の中おかしくなっていくと考えておいたほうが
よさそうな気がします。

ついでに,文庫になっているマンガ『欅の木』を思わず買って
しまいました。
内海隆一郎+谷口ジロー作。小学館文庫。
しっとりとした人間関係を描いています。短編8作。
なかなかよかったです。

今ニュースでやっていることに耳がくぎ付けに。
自衛隊官舎へのビラまき行為の二審判決。
なんと,
「国民の平穏に生活する権利を奪っている」という理由で
ビラまき行為が違法とされてしまいました。
うっそー。
「平穏に暮らす権利」なんて理屈をもちだしていいの?
そんな例ならほかにいっぱいあるじゃない。
エロビラ。まち金・ヤミ金のビラ。
憲法9条を変えることが,一番の危険でしょ。

と,ここでまた話は変わります。
わたしは昨日の太平洋勃発の日に際して,歴史の勉強を
思い立ちました。
高校で覚えたことなんて血肉になっていませんから。

星野芳郎『日本軍国主義の源流を追う』日本評論社。
星野芳郎といえば,科学技術の評論をしてきた人。
著者名を見てびっくり。
なんだか書きっぷりが,日本史の専門家とはだいぶ違いそうです。
『刀狩り』と並行して読んじゃおうかしらん。
わたしって,移り気かも。ネコなみ。(おこられるかも。ネコに)

あらら。次は横浜事件のニュース。
なんだかテレビニュースのアナウンサーが不気味に見えて
きます。
昔のことは権利回復の側に立ったニュースのしかた。
こんなちぐはぐってありですか?

と今日は脈絡なく書きました。
[PR]
by KATEK | 2005-12-09 18:40

ケヤキの分まで

今日は太平洋戦争を始めた日です。
またジョン・レノンの亡くなった日でもあります。
平和に関して考えるにはいいきっかけになる日なのに
世の中,静かなものです。

テストに,西山明という人の文章から,今の世の中の
「生き難さ」についての質問を出したのですが
(プリントは配布済み,この質問が出るよといっておきました。)
ぜんぜん受けつけなかったようです。

国語のテストではないのだから,抜書きしたって仕方がないのに
オウム事件や阪神大震災によって,世間の常識や人への
信頼という感覚が失われてきつつあるという,西山さんの話を
そのまま書いているだけ。
あなたはどうなのってことが,伝わっていません。

JR福知山線の事故のことや,憲法「改正」のこととか
原爆のことなどをやってきたのに,生きにくくはないんですね。

「つまんない」「このクラスには居たくない」なんて毎日言っている
子どもたちなのに,自分のこととして対自化できない。
親との関係も深刻に思っていない。
(少なくとも,においくらい感じさせてくれてもいいのに)

やはり危機感をもって生活している人は大人も少ないってこと
でもありますね。

わたしなんぞは,いつまでたっても枯れたまま枝にくっついて
離れないケヤキの葉っぱのことが気になって
あるいはぞっとして,そわそわする毎日。
今日などはイチョウの枝が見え始めていたので,何でケヤキの
枝がこの時期,天をさすように伸びていないのと思い
自然破壊の怖さをひしひしと感じました。
ケヤキの「気持ち」を感じて,わたしも息苦しくなります。

今日は「泣ける」ものを探すはずだったのに
ケヤキの息苦しさでまたううっときてしまいました。

イメージトレーニングできれいな空気と空と風と木と
水のせせらぎといっぱい思い浮かべなくちゃ!!
[PR]
by KATEK | 2005-12-08 18:55

冬眠中につき

昨日はなんだかぼけてばかりいた。
おまけにブログも寝ぼけて書いた。
最近よく眠れるのはいいけれど,こんなに眠いとちと困る。
「冬眠中につき」ってカードでもぶら下げておきたい感じ。

昨日,体のことや今の心理状態について相談に行った。
やっぱり,体の臓器の故障は大きいらしい。
疲れて当然だと。
それと,からだや気持ちの中にヘドロがたまっていくこと。
これはどうやら,いったんはきださないと,新しい元気がはいって
こなくなるらしい。
どうしたら吐き出せるのだろう。
「千と千尋」のかおなしみたいに,ドバット吐き出して,
シンプルライフが選べるといいのだが・・・

泣くという行為がかなり効き目があるそうだ。
頭痛のような体の痛みは,泣くことでかなり緩和されるという。
泣ける映画を見てもいいし,方法はいろいろらしい。
泣ける映画って皆さん何を思い起こしますか?

今日は泣けるもの探しかな?
もちろん採点しなくちゃならないけれど。
[PR]
by KATEK | 2005-12-08 06:35