日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー

<   2005年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧

歌も消耗品?

普段まずは見ないミュージックステーションという番組を見た。
SMAPのトライアングルを見たくて。
ここで歌われていた数々の歌は,ぜんぜん魅力を感じさせない
消耗品のようだ。
ことばが大切にされていない。
歌を深める作業がされていない。
こんなことをいっているのはちょっと古びたおばさんだからかも。

なんだか宮沢和史の『島唄』が無性に聞きたくなった。
彼のこの歌は,彼自身の中で消化され,大事にされてきたから。

そしてなんだか詩も読みたくなってきた。

久しぶりに詩の紹介。

伊藤信吉詩集より  日本の秋風―帝国考

 晩秋の東京・池袋東口の辺りに
 午後の日は薄くこぼれ
 人影はすくなかった。

 そこの駅手荷物取扱所にいた青年二人が
 警察の不審訊問を受け
 交番へ連れこまれた。

 一人は詩人たらんとする伊藤信吉。
 一人は画家たらんとする友人福田貂太郎。 
 天皇即位式の前日― 一九二八年十一月九日のことであった。

 上京したばかりの
 田舎者の風態。
 長髪。
 それが
 何で
 不審尋問にひっかかる?
 何で連行するとおどかされる?

 即位式にかこつけての特別警戒に
 どれだけの長髪が
 田舎者が
 風態貧しいものが
 不審尋問におびやかされたか。

 ささやかな私のこの記憶を
 昔話というな。
 笑い話というな。

 一九二八年という年は
 春三月には日本共産党を中心とする一六〇〇名検挙の
  「三・一五」の年であり
 梅雨六月に治安維持法極刑改悪の年であり
 秋十一月に即位の年であった。

 そうして一九七六年の
 この秋。
 <天皇在位五〇年祝典>ときた。

 ウソをつけ。
 今年は四九年目だ。
 その一年は何だ。何のたぶらかしの一年だ。

 四九年経てば忘れる記憶がある。
 四九年経って忘れられぬ記憶がある。
 五〇年詐称のその年月は
 治安維持法的帝国を否とする人たちの検挙,投獄。
 戦争の二〇年ではじまった暗黒累々の半世紀だ。

 この秋を吹く
 乱気流の風。
 私の記憶のシミに吹く
 日本の秋風は未だに<帝国>の気配を孕んでいる。
[PR]
by KATEK | 2005-12-23 21:55

浮世絵っていい

今日は祝日。
あんまりおめでたいとは思わないけど。

さっきNHKで「浮世絵」の番組をやっていた。
おもしろい。
時間があれば浮世絵の本にはまりそう。

昔から日本画の抽象性には一目置いてきた。
でも浮世絵は格段,法則性があっておもしろい。

浮世絵は江戸時代にはなが咲くようにはやったにもかかわらず
今ではその文化が忠実に再現されることはまずない。

まず版木のつかいかた。
あの美人画を書くには,つげの木がよいと,その部分だけ
つげを使うという細やかさ。

紙にもこだわりがある。
油絵は紙を選ばないのに,浮世絵や日本画は紙ひとつとっても
一人ひとりにこだわりがあるというのはずごいこと。

一番は色。
わたしは紅の色が好き。
紅花からとった色。
何回も摺りを重ねることで色に深みが出てくる。
藍の色も好き。
水墨画のように,藍だけでいろんな表現が可能。
江戸時代にこの藍色がはやって,藍色だけの浮世絵もつくられた。

すべて自然のものから色を「いただく」という発想がすてき。
こんど,何か一冊本を読んでみたい。
お勧めがあればお知らせください。
[PR]
by KATEK | 2005-12-23 11:00
何日かまえに放送した映画『ローズ』を再生してみた。
ジャニス・ジョプリンのステージと人生,彼女が倒れるまで
を描いたもの。
つかれきってアルコールと薬でまぎらわしながら
そして何度もステージを捨てようとしつつもやめられず,
好きになった男性とも最後には別れてステージに立つ
ジャニス・ジョプリン。
映画の場面の多くは彼女のコンサートの様子を再現したものだった。
歌詞が日本語になっていなかったから,感動は薄れる。
反社会的なロックを歌って,若くして死んだ彼女のこと
もっと彼女の内面を知りたかった。
映画評はいいけれど,そんなわたしにはなんだか物足りなかった。

わたしはどうも人物名が覚えられず,このジャニス・ジョプリンと
『奇妙な果実』を歌った黒人ジャズ歌手ビリー・ホリデイが
混ざってしまう。
歌はぜんぜん違うのに・・・

これからビリー・ホリデイを聴こう。

今日は,ふわふわしたものを買いにいくはずだったが
結局いかなかった。
その代わり本を注文。
『戦争における「人殺し」の心理学』筑摩学芸文庫
あとは乾知恵という書道家の本。

昨日書いたように,職場ではすぐに目が疲れて痛くなってくるのに
違うところですごす時間は,痛みをあまり感じない。
痛みとはこころのサイン。
おもしろい。
[PR]
by KATEK | 2005-12-22 18:27
今日は学期末最後のごみだし日。
ごみ当番のわたしは,生徒の持ってきたごみを4種類に
きちんと分けてあるかどうかを確認し,だめだと一緒に分別を
する仕事があった。

わたしはのんびりというか,ぼけーっとしているから,
一度にいくつものことができない。
かつ命令形のことばが苦手なので,「~しなさい」とたってみている
のも,もどかしくなってくる。

つい生徒と一緒に,ひとつの袋に関わってしまうから,
ほかのクラスの子がやってきても,すぐに対応できず
知らないうちに,ごみの入った分別されていない袋を置きっぱなし
にされてしまう。
まぁそんなことがわかっているほかの教員が,おこって「やれっ」って
怒鳴ってくれるから,事は全体ではうまくいく。

いろんな教員がいてなりたつ仕事。

前の職場では,そんなわたしに怒鳴ってしかりつけるよういわれて
いたから,しんどかったわけだ。

今日相談したこともそのこと。
わたしは生徒にはっきりスパッと物事がいえないことに,
ちょっとひけめを感じることがあるから。
それも,まだ元気が十分でないせいもあるけれど・・・

そうしたら,わたしはいやな役割を演じることはないといわれ
一安心。
わたしはわたし。
3年くらいかけて治していくところをを,1年でアップしてきたといわれ,
ますます安心。

職場にいると,今のところ,書類を書いたり,本に目を通したりするのが
とても疲れる。
眼とその奥が痛んで,頭痛がしてくる。
そのことも話したら,「それこそ心身症の代表です」と教えてもらった。

わたしは生徒と関わるのはしんどくても好き。
でも学校という空間というか,空気が大嫌い。
学校の中の暗黙の了解も嫌い。
だから,職場にいること事体が,大きなストレスになっていて
それを何とかするのが来年度の目標ねといわれた。

あしたは,職場で一休みするための,触覚に働くふわふわ抱けるもの
を探してこようと思う。

あっと,それから
soroさんがブログにのせていた『このブログがすごい』を読んでみた。
わたしのような雑記はごまんとあるから,
テーマを決めて書いている人へのアクセスが多くなるらしい。
でもわたしは競っているわけでもないから,そんなことは
どうでもいい。
ただもっといろいろな人に出会って,素敵なブログを見つけたい。
出会いはいつでもどこでもうれしいことだから。
[PR]
by KATEK | 2005-12-21 20:49

南の島の友人

2度目。

さっき書いた,南の島の友人の本は
なかなか面白いので,ホームページごとご紹介します。
http://www.hpmix.com/home/kamagenomori/R3.htm
わたしも,寺子屋みたいなものができたらいいなと
ちょっと思ったりもします。
[PR]
by KATEK | 2005-12-20 21:19
あのはらはらと落ちていたイチョウの葉っぱは
きょうすっかり片付けられてしまいました。
上を見上げると丸坊主。
たった二日であんなにたくさんの葉っぱをおとしたんですね。
イチョウにとっての冬が始まりました。

昔の友人に,久しぶりの手紙を書いたら,
返事が戻ってきました。
南の島で,教えたり・伝えたり・書いたりする仕事をして
いるようです。
懐かしい手書きの文字をうれしく思いました。

南の島っていうと,もしかしたら
ゴッホがフランスのアルルにいったような気持ちになるのかしらん。

沖縄には一回行ったことがありますが,
歴史的なことや,基地問題などをかかえつつも,それはおいといて
すばらしい風にうっとりしてしまいました。
海もきれいだし。

田中一村の奄美にも行ってみたいし
山尾三省の屋久島にもいってみたいです。
仕事のことを考えなければ,転地療法で南の島で一年くらい暮らし
たらいいのになぁなんて思ったり。


今日テストを返却したとき,奪うように答案用紙をもっていった
生徒がいました。
そのあとで集会があったので,一人列を離れて何かを読んでいる
彼女に声をかけてみました。

「えー?」ときつい返事のあと,背中を甲羅のように向けて
また一人の世界に戻っていきました。

この一年間,彼女とは何も関係が築けなかったなとふと思ったり。
でもこんなとき強引に話しかけてもしかたがないので,
来年の課題にします。
彼女は卒業してしまうけれど。

今日少し読んだ『<野宿者襲撃>論』から。
もう1980年代にはニュースになっていた「浮浪者殺人」事件。

あるジャーナりストが,事件について中学生と話し合いの場を
もったとき,「命の大切さ」なんていうことばは,生徒の中では
宙に浮いてしまい,一人の女子生徒が「あの子達は遊んだだけだよ」
と発言したら,みんながうなずいたといいます。

おとなは,「評論家」になってはいるけれど,実は大人の価値観
<働かない奴は,ろくでもない>とか<野宿している奴らは
好きでやっているんだから,自業自得だ>といった嫌悪感ににたもの
を,子どもが感じて行動しているだけではないか,と。

私自身のもっている差別に近い価値観をあらいなおさなければ。
急がなくちゃとか,働かなきゃとかせっぱ詰まった不安。
これは生徒にも伝わるものだし・・・

また続きを読むつもりです。
[PR]
by KATEK | 2005-12-20 18:58

今から

朝,職場へ向かうみちの途中で,大きなイチョウの木が
葉を落としていた。
まるで雨のように,はらはらと音を立て,やむことなく
いっぺんに泣いてしまおうというように
落ち続ける葉。
あんな落ち葉の様子を見たのは初めてのこと。
帰りには泣きやんでいた。

調子のよくないときはブログを書かないほうがいいと
不老愚さんにアドバイスいただいた。
そのとおりと思いつつ,つい書いてしまう。

仕事場にいって,これをしようと計画を立てておいても
なかなかそのとおりいかないことが多くなっている。
仕事をしたいのになかなか手がつかない状態は,
けっこうつらい。

つい,まえはこんなんじゃなかったと,
前の自分と比較してしまう。
寝ても寝ても疲れがとれない。

だからこそ今できることをしよう。
パソコンにに向かうとそういう気持ちにちょっとなる。
今日は今からはじまったのだと思えばいい。
『<野宿者襲撃>論』生田武志 人文書院
に,とりかかろう。

明日も寒そうだ。
皆さんお体お大事に。
[PR]
by KATEK | 2005-12-19 21:22
NHKで,ひさしぶりにいいドキュメンタリー番組を見た。
「なぜアメリカは戦うのか」という2時間番組。
午後3時からという中途半端な時間に。

チュイニーが,武器製造会社と完全に一体化していること。
兵器産業で食べていっている人たちの姿や声。
ミサイルをコンベアーに乗せて作っている労働者は,できれば
こんなところで働きたくないといっていた。

アイゼンハワーは,産業と軍事が結びつくことを注意するよう
働きかけた最後の大統領だった。
それ以降は,もうけるための戦争をアメリカは続けてきた。

イランのパーレビ国王の政権に手を貸し,同時にイラクのフセイン
大統領にも武器を供給していた。それがアメリカ。

完全に報道制限をし,国民の多くを無知にしておく政策も
ベトナム戦争以来徹底してきた。

今やアメリカは軍国主義・帝国主義国家だと。

イラクのある倉庫に,死体となって積まれていた大人の映像も
写し出されていた。

こんな状況を知ったら,アメリカ国民はどう思うのだろう。
見ているだけで,悔しく,腹立たしくなってくる。

そんな政権の真ん中にいるブッシュからもらったという
電動自転車(?)で,官邸に入る小泉首相の姿を合わせると
日本に住んでいること事体の加害性を感じてしまう。

日本でも,防衛庁を省に格上げし,首相の「自衛」戦争の
開始許可の権限を与えるという動きはひどく危険だ。

アメリカでも,議会の権限だった戦争開始の命令を,
大統領に手渡したとたん,数ヶ月でイラク戦争は始まったという。

うーん。なんだかまとまりのない文章だ。


今一番したいこと。
やわらかい風と光の中で
犬のように広い野原をかけまわりたい。
大きな声を出しながら。
つかれたら,飲み物を飲んで
またかけだす。
そして,広がる青空と大きな木のしたで,ゆっくり休むんだ。
[PR]
by KATEK | 2005-12-18 17:57

停滞

今日は,須賀敦子の『イタリアの詩人たち』を読んだ。
初めて聞く詩人の名前。
新しい世界が広がるかもしれない。

とはいえ,うつのなかにはいり込んできたようだ。
心が,からだが動かない。

明日はどんな明日になるだろう。
[PR]
by KATEK | 2005-12-17 19:41

悲しさよこんにちは

今日は突然,理由のない「悲しさ」を感じてしまった。
最近,悲しくなることなんてないと思って,泣くための「道具」
を探していたくらい。

尾崎豊の『愛すべきすべてのものへ』のCDを聞いていたら
突然,ふっと悲しみにとらわれてしまったのだ。

だから今日はその気持ちをためておこうとおもう。
[PR]
by KATEK | 2005-12-16 22:05