日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー

2005年 12月 22日 ( 1 )

何日かまえに放送した映画『ローズ』を再生してみた。
ジャニス・ジョプリンのステージと人生,彼女が倒れるまで
を描いたもの。
つかれきってアルコールと薬でまぎらわしながら
そして何度もステージを捨てようとしつつもやめられず,
好きになった男性とも最後には別れてステージに立つ
ジャニス・ジョプリン。
映画の場面の多くは彼女のコンサートの様子を再現したものだった。
歌詞が日本語になっていなかったから,感動は薄れる。
反社会的なロックを歌って,若くして死んだ彼女のこと
もっと彼女の内面を知りたかった。
映画評はいいけれど,そんなわたしにはなんだか物足りなかった。

わたしはどうも人物名が覚えられず,このジャニス・ジョプリンと
『奇妙な果実』を歌った黒人ジャズ歌手ビリー・ホリデイが
混ざってしまう。
歌はぜんぜん違うのに・・・

これからビリー・ホリデイを聴こう。

今日は,ふわふわしたものを買いにいくはずだったが
結局いかなかった。
その代わり本を注文。
『戦争における「人殺し」の心理学』筑摩学芸文庫
あとは乾知恵という書道家の本。

昨日書いたように,職場ではすぐに目が疲れて痛くなってくるのに
違うところですごす時間は,痛みをあまり感じない。
痛みとはこころのサイン。
おもしろい。
[PR]
by KATEK | 2005-12-22 18:27