日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

エイプリールフールなんだなぁ。

一昔前の4月1日は,学校に行っても静かなものだった。
(そういえば,ニュースでも今日はエイプリールフールだって,かならず
報道していたのに,いつからやめたんだろう・・・)
でも今はまったく違う。
みんな忙しそうに動いている。
新しく異動してきた人たちも,もう仕事モードだ。

今になって,仕事をやめなくてよかったとつくづく思う。
たくさんの人たちが,わたしのことを心配して,辞めたら
どうかと言ってくれていた。
なんども本気で辞めようと思ったけれど,辞めなかった。
辞めなくても大丈夫といい続けてくれた相方,そして数人の人に
感謝するばかり。

調子の悪い時には,辞めるかどうかの判断をするなというのが
鉄則だけれど,つい最近までは,このことを実感することが
できないできた。
いつでも,もう大丈夫だと思っては,失敗してきた。

考えてみれば,授業をやった後はかならず休養室で横にならないと
いられなかったというのは,健康な状態から程遠い。
それなのに,わたしはもう治ったと信じようとしていたのだ。
認知の歪なんてもうないと思い込んでいたおそろしさ・・・

今日だって,机に向かっていられたし,学校についてまず横になる
ことを考えるなんてことにはならなかった。
当たり前のことだけれど,わたしにとっては何年ぶりかの快挙。
こうして少しずつ,調子を整えていこう。

机に向かって新聞を読みくらべてみた。
朝日新聞と東京新聞。
原発に関して。

美の浜原発やもんじゅのあるあたり,原発銀座の下に,
活断層があったという報告。

もんじゅについては,核兵器を作るためのものとしてしか
考えられないという槌田敦さんたちは,もんじゅの再稼動反対と,
声をあげている。
原発以上にこわいもんじゅ。
そこの下に活断層がある。

東京新聞はあまり紙面を咲いていなかったのにくらべ,朝日新聞は
かなり詳しく説明をしていた。
けれど,その説明の立脚点がどうも納得いかない。
結局,安全かどうかの判断はまったくしないし,これからも
監視しなくてはいけないというなんだかとってもあいまいなまとめ。
ここの原発やもんじゅをめぐっての論争はまったく表に出さない。

NHKも,今週からいろいろな番組でキャスターがかわって,ニュースは
「もっとくわしく,もっとわかりやすく」なんて宣伝していたが,ちっとも
詳しくなんてなっていない。
スポーツに関しては丁寧になったかもしれないけれど・・・

朝日新聞のコラムだって,活字が大きくなったようだけれど,内容は
スカスカって感じだし・・・
切り取りたいところがまるでない。

いつの間にか何かが大きく変わってしまうのではないか,
そう思えることばかり。

まぁわたしはできることをするだけだ。

窓の外は風が強いけれど,明日の天気はどうなるだろう?
明日はちょっといいことありそう・・・
[PR]
by KATEK | 2008-04-01 18:25