日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

しょうが湯・水毒にはまる

また漢方にはまってきつつある。
わたしってどうしてこう熱しやすいたちなんだろう。

昨日・今日と,
朝はしょうが湯とリンゴだけ,
お昼もちょっとパンをかじる程度にして,
夕食はまぁ普通におなかが欲しいだけ食べるってしていたら
2日間だけで,1.5キロ体重が減少。
おなかの「ことば」をききとれるようになってきた感じがする。

あんなに食べたかった甘いものを,食べたらおいしいかなと思う程度で
ほしーって思わなくなっている。

たった2日,されど2日なのだ。

ともかく水毒に焦点を当て,からだ,特に胃のなかと足を温めることに
気を配ることにした。

いままではペットボトルのお茶をごくごく飲んでいたけれど,
緑茶はからだを冷やすものだから,紅茶かしょうが湯・ハーブティーに
限定し,かつあたたかい飲み物を少しづつ飲むという方法を採用。

すると,水分もゆっくりとれて,からだに欲しいかどうか聞きながら
飲むことができる。

舌の腫れもちょっとへってきた。

すばらしい!

あとはからだに聴き続けることを辞めないようにすることが肝心。
これはがんばりたい。
運動とダイエットをして体重を減らした知人は,「こんなつらいこと
結果が出なきゃやめちゃうよ」といっていたけれど,
からだに聴いて食べるものを調整すると,つらいとは思わない。
おなかがすいてくると,あぁおなかがすいたんだなと観察して,
じゃぁちょっとしょうが湯を飲もうかと調整できるし。

ところで,
漢方の薬を作る時,生姜は必需品。
多くの漢方薬にミックスされている。
やっぱりしょうがって偉大だ。

ただこのしょうが湯。
韓国土産でもらって飲んだものは,ぴりっとからくてとってもおいしい。
自分で作ったもの,生姜の入ったはちみつ,粉で売っているしょうが湯
この3種を比べてみたけれど,どうも韓国の物に比べるとパンチにかける。
なぜかなぁ。
日本の粉末で売っているしょうが湯はちっともおいしくない。
だから,しょうがをもっと乾かしたり,何かひねりをいれるともっといけそう。
ぴりって感じが出たら,なつめとかアーモンドを砕いたものとか
松の実とか,クコなんかを入れて作ってみたい。
おいしくなったら,ご報告します。

それから,『楽園のつらい日々』(soro72さんが教えてくださった本)
読み始めたらおもしろいこと。
ドラマ「北の国から」の情緒的な部分をひいて,さっぱりと
でも人間ってこんなことができるんだって思いながら読める本。
まだ読みはじめだけど,いい本に出合えた。
soro72さん,ありがとうございます。
[PR]
by KATEK | 2007-01-12 21:55