日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

女は怒鳴りにくいのだった

なんだかまた疲れ気味。
検査結果から,臓器の異常はがんではないとわかり,
ちょっと安心。

昨日読んでいた本に
(確か『ことばによって世界は変わる』ってタイトルだったような)
けんかをしたり怒鳴ったりするのに,日本語の場合,女性の
つかうことばではうまく機能しないと書かれていた。

そういえばそう。

「おまえ」とか「OOやめろ」とか「すわれ」とか,命令語は
女性が使うとなんだかへんになる。
まぁいまの子ども達は,平気でつかっているけれど。

わたしもすぐに,男子生徒から「OOくん,すわって。
「はーい,はじめます。」なんて声をまねされてばかりいる。
悪気はないのはわかっている,というより親しい子のことが
多いのだが,なぜまねをするんだろう?
そういえば不思議なことだ。

強気で怒鳴るときは,「きたない」ことばを使わない限り
からだ全体で,大声でちからの限りことばを発しなければ
ならない。いわゆる金切り声?になりやすい。

男の人はこんなことで苦痛を感じたことはないのかもしれない。

やっぱりことばは「世界」を規定するのだ。


話しかわって,今日の新聞から。

二酸化炭素の削減について,アメリカの東部の州では
ブッシュの消極的な態度に反し,削減プロジェクトを立ち上げた
そうだ。
こういうところは「うーんアメリカ!」と思ってしまう。」

日本は地方分権を叫びつつ,こんなことはできないだろう。
でも,こういう分野からこそ地方自治が始まるのかも。
ちょっぴり希望の湧く記事だった。

ほんとうは,塾の講師の女子児童殺人事件についても一言ある
のだけれど,疲れたのでやめとこう。
[PR]
by KATEK | 2005-12-14 18:51