日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

まったくだ!

職場で腹立たしいことばかりが毎日続き、
週末2日の休みまで、その感情が(からだの痛みも)
相方までまきこんで、ひどい土日になってしまった。
こんな週末が多い近頃…

はっきりいって生きていくうえで不安ばかりだ。
現実の職場で生きていくのもどうにかこうにかの状態。
勤め続けても、日本がどうなるかわからない。

・年金など制度上の変化・お金の価値がどうなるか
そんな問題。
・大地震が起こって、まずその中で生き残れるか、
生きのこったとして福島第一原発の4号機が再臨界に
なったとしたら、ここには住んでいられない。
 そうなったときの情報規制は激しいだろうし、逃げるにも
交通手段がなくなるだろう。

『チェルノブイリハート』という1時間ほどのドキュメンタリーを
DVDでみた。
25年前の事故にもかかわらず、今生まれてくる子供たちに
心臓の疾患が多い、遺伝子の異常が多いという。

ものすごくたくさんの「清掃人」の人たちが、被ばくしながらも
事故処理をしてくれたおかげで、まだ汚染が食い止められた。
今の日本の処理の状態が本当のところどうなのか…

仕事のストレスで私と相方のからだに異変が起きるのか、
事故でどうにかなるのか、そんな将来ばかり考える。
自分でもばからしいと思うけれど。

『チェルノブイリハート』でも毎日生きることが大事だという
詩が最初に紹介される。
ハッピーな気分でいることが生き残ることにつながるのだろう。

わたしの師としてメールをやり取りをしてもらっている先生は
よくこんな言葉を使う。
「クールヘッド、ウォームハート」

薬を増やしているからか
わたしのボケ度といったら、まったくだ。
自宅に帰れなかった間に10回も留守電が入っていた。
ある送り物を宅急便でしたのだが、住所が書かれていなかった!
まぁお菓子屋さんで、宅急便の扱いに慣れていなかったこともあって
向こうもその日、住所が書かれていないことに気付かなかったようだ。

なーんてこともあって、
怒りで頭のエネルギーが全部使われてしまっているような気もし、
情けない。

でも今日は、すっごく久しぶりに料理をした!
豚肉と豆・たくさんの野菜の煮込み。
料理は気持ちを優しくしてくれるみたいだ。
[PR]
by KATEk | 2012-03-26 22:18