日常って、微妙な差異こそ大事かなと思います。


by KATEK
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

トーキングスティックおそるべし。

久しぶりの投稿。

朝から晴れて,気分は上々だ。
鬱々とした日が続いていたが,やっとトンネルから
出てきた気分。

授業中生徒たちはうるさい。
おしゃべりばっかりしている。
それをまた注意するのも,効果は薄いし気分も悪くなる。

そこで登場したのが トーキングスティック なるもの。

『ワークショップ』という本に紹介されていたのを
まねしてみyた。

ネイティブアメリカン(インディアン)のある部族の人たちが
話し合いのときにトーキングスティックを使うという。

円座に座って円の中心にトーキングスティックをおく。
話をしたい人がそれを手に持ち話す。
トーキングスティックをもっていない人は,静かに
話をしている人の声に集中しなくてはならない。
誰でもが好きなだけ話し,他の人は話している人の
声に集中することで,誰でもが話せる権利を守るのだ。


私の場合,近くの公園で落ちている枝を捜し,桜らしき枝を
調達した。
節を削ってあぶなくないようにして,できあがり。

教室に持って行ったときに,話すことと,聞くことの大事さを
ネイティブアメリカンの人たちの話し合いの仕方といっしょに
説明してから,毎回授業に持っていっている。

授業の中で話すことばはなかなか覚えないのに,
トーキングスティックということばは,
なぜかよく覚えてしまったらしい。
忘れると,「その棒なんていうんだっけ?」と聞くほど。

授業中もったまま話すこともあれば,うるさいと棒を
車のワイパーみたいに動かしてみたりする。
その棒で,うるさい子の机をたたいてみたりもする。

なぜかうるさいと怒鳴るより,ずっと静かになる。
不思議!

昨日は教えていないクラスの自習監督に行ったら,
「トーキングスティックはないの?」といわれて驚いた。
知らないはずの子がなぜか知っている・・・・

生徒たちには「泣かされる」ことのほうが多いが,
こんなおもしろいこともおこるから,仕事をする元気が
わいてくるわけだ。

と,近況報告でした。
[PR]
by KATEk | 2012-02-18 07:32